【PassApp】カンボジアの配車アプリはGrabよりもPassApp!

はじめに

こんにちは。

カンボジアを観光予定の人
カンボジアを観光予定の人

・カンボジアの移動手段について知りたい!

・配車アプリは発達しているの?

・配車アプリの使い方を知りたい!

このような疑問にカンボジア在住の僕がお答えしていきます。

この記事でお伝えしたいこと

この記事ではカンボジアでの移動手段に最適な配車アプリPassAppについてまとめてあります。

使い方・料金などを詳しく解説していきますので、プノンペンやシェムリアップでの移動手段をお探しの方は是非ともこの記事をご参考にして頂ければと思います!

【PassApp】カンボジアの配車アプリはGrabよりもPassApp!

トゥクトゥク

まずはじめに、カンボジアには日本のように流しのタクシーは走っていません。

タクシーはありませんが、カンボジアにおいてタクシーのようなものはあり、トゥクトゥクと言われるものです。

これがカンボジアにおいてタクシーの代わりになり、プノンペン・シェムリアップ市内はもちろん、カンボジアのいたるところで目にすることが出来ます。

ですが、僕がいま住んでいるアンコールワットのある街「シェムリアップ」では数年前に普及し始めた配車アプリの影響で、トゥクトゥクの数がだんだんと減ってきています。

観光客は物珍しさにトゥクトゥクに乗ることがあるかもしれませんが、カンボジア人や在住者だと配車アプリを使うのが一般的になってきているためです。

というのも、冒頭でもご紹介したように配車アプリのPassAppが本当に便利なので必然とトゥクトゥクよりもPassAppを選んでしまいます。

PassAppのメリット!

・アプリ上で乗車位置・降車位置を設定した後に、目的地までの料金も表示されるのでドライバーに行き先を伝えたり、値段交渉したりなどの無駄なコミュニケーションが一切不要です。

・今では街を走るPassAppの台数が本当に多くなったので、すぐに自分が設定した場所まで迎えに来てくれて時間の節約にもなり、早く楽に移動が可能です。そして料金も安い!

GPSを元に地図上で自分がどこにいるか常にわかるので、ドライバーが変な所へ連れて行ったり、目的地までの道を間違えているようだったらすぐに指摘することが出来る!

これに比べて以前まで街の移動手段として主流だったトゥクトゥクですが、PassApp登場後はPassAppの快適さゆえにトゥクトゥクのデメリットに目が付くようになりました。

トゥクトゥクのデメリット、、、

・基本的に外国人には在住者だろうと観光客だろうと観光客料金(つまり、ぼったくりです)

・どこへ行くにしても、料金が決まっているわけではないのでトゥクトゥクに乗る前には値段交渉が必須。そして目的地も英語かカンボジア語で正確に伝えなければならないので面倒!

・まれに 「ドラッグ?」「はっぱ?」などと言って、変な所に連れて行こうとするドライバーもいるので注意が必要!(さすがに無理に連れて行くようなことはしませんが勧めてきます)

このようにPassAppは料金も安い上に、ドライバーとコミュニケーション取る煩わしさも無いので、トゥクトゥクに代わってここまで台頭してきたのだと思います。

PassApp利用方法

PassApp

では、ここからは実際にPassAppの使い方をご紹介していきます。

まずはアプリをインストールします!

もちろん無料です!

Cambodia Taxi: PassApp
Cambodia Taxi: PassApp
開発元:PASSAPP TECHNOLOGIES CO.,LTD
無料
posted withアプリーチ

その後、アカウント作成にあたって電話番号(日本の電話番号でもOK)とユーザーネームを入力します。(ちなみにメールアドレスや顔写真は設定しなくても大丈夫です)

アカウント作成後にSMSで認証コードが届きますので、それが届いたらすぐにアプリを使用することが出来ます。

ここからは実際の使用方法をお伝えしていきます。

まずは地図上で乗車位置を設定します。

乗車位置にオレンジのピンをセットします。

地図はGoogleマップと連携しているので地図の拡大/縮小も簡単に出来ますので、詳細に乗車位置を設定することが出来ます。

そうして迎えに来て欲しい場所を設定後に、下の緑色の「Set Picup」ボタンを押して、次に移動手段を選びます

PassAppで一番人気なのは真ん中のリキシャータイプです。

リキシャータイプは走っている台数が多く、街で一番よく見かけるタイプですので、自分の乗車位置を設定後にすぐに迎えに来てくれるのでお勧めです。

人数が3-4人、天候が雨、荷物が多い時などには一番上の車タイプが良いかもしれません。

これは、車を所有しているカンボジア人がPassAppにその普段使いしている自分の車を登録して、タクシーのような感覚で観光客を乗せる形となります。

この車のドライバー達はこれを本業にしているというよりかは暇な時に観光客を乗せてお小遣いを稼いでいるような感じです。

ただ、車タイプはリキシャータイプに比べて、PassAppに登録している台数が少ないため、迎えに来るまで時間が結構かかります。

あとは一番下のトゥクトゥクもこのPassAppで手配可能です!

街でよく見かけるトゥクトゥクもこのPassAppを通してだと、ドライバーとのコミュニケーションが不要(地図で乗降車位置を設定するため)ですし、料金もわざわざ値段交渉する必要がありません。

ですので、トゥクトゥクの手配もPassAppを通しての方がお勧めです!

このように用途によって移動手段を選べるのもPassAppの強みでもあります。

この記事では真ん中のリキシャータイプの移動方法について話を進めていきます。

どのタイプを使用するか選んだあとは目的地を設定しなければならないので「+Add droppoff」という所をタッチすると先ほどと同様に地図が表示されますので、続いて目的地(降車位置)をセットします。

そして、目的地を設定後に下の「Confirm dropoff」ボタンをタッチすれば完了です!

そうして乗車位置と降車位置を設定し終えたら「ConfirmBooking」ボタンを押せば乗車位置まで迎えにやって来ます。

なお、この「ConfirmBooking」ボタンの上に小さく料金がカンボジアの通貨で表示されていますが、これは目的地までの見積もりとなります。

最終的な料金はこの見積もり通りになることがほとんどですので、乗車前にあらかじめここに表示された金額を用意しておくと降車時の支払いがスムーズにいきます。

カンボジアの通貨はリエルですが、カンボジアでは現在でもアメリカドルが広く一般的に使われているので、このPassAppでの支払いにもドルは使用可能です!

およそ1ドルが4,000リエルです。

予約を申し込んだ後は、ドライバーが自分の場所まであと何分かかるのかがリアルタイムで表示されます。(上記画像だと自分のところまで2分9秒かかります)

ドライバーの車のマークもGPSと連動されているので、その車のマークもだんだんと自分の方へと近づいてきます。

ちなみに、上記画像の右上にある「Details」をタッチするとドライバー情報が出てきます。

ほとんどのドライバーが顔写真を載せているので、乗車前にドライバーの顔も確認しておくと、万が一のPassAppの乗り間違いなどが無くて済みます。

そして、もしキャンセルしたい場合は先ほどの画像で言う左上に「Cancel」ボタンがありますのでそちらをタッチして、該当する理由の中からテキトーに理由を選べば問題ありません。

「料金が高い」「ドライバーが迎えに来るまで時間がかかる」「気持ちが変わった」などといくつか理由がありますが、一番上の「Fare is too high(料金が高い)」をタッチしておけば何の問題も無くキャンセル出来ます。

実際は料金は高くもないですが、僕もキャンセルする時はテキトーに「Fare is too high」をタッチしてキャンセルしています。

これによりドライバーから登録していた自分の電話番号に電話がかかってくるとか、料金を請求されるなんてこともありませんので、気軽にキャンセルが可能です。

そうすると実際にこのようなリキシャータイプが迎えに来ます。

リキシャータイプは大人2人もしくは3人に丁度良い広さです。

一応、座席の後ろに荷物を置くことが出来るスペースがありますがスーツケースなどの大きい荷物は難しいです、、、

多くのドライバーがこのようにハンドルの上にスマホを設置して、地図を頼りに目的地へと案内してくれます!

そして、目的地へと到着後にドライバーが最終的な料金をアプリ上に表示してくれますので、そのアプリに表示されている料金を支払えばOKです!

ちなみに最終料金は自分のスマホにもSMSで送られて来ます。

さいごに

PassAppはお勧めなのですが注意点もあります!

それは、観光客や外国人とわかったら最後のお会計の際に少しでもぼったくろうとしてくる悪質なドライバーもいるという点です。

PassAppの使い方がわからないふりをしたり、何らかの理由をつけて最終的な料金を表示しないようなドライバーもいますが、そういう時は必ず最終料金を表示させるまで支払わないというような姿勢を取ると、相手も諦めてくれます。

ごく稀にこういう悪質なドライバーもいるので注意が必要です。

日本だとまだ配車アプリが身近な存在ではないとは思いますが、カンボジアでは広く一般的に使われていますので、観光の際には是非とも活用してみてはいかがでしょうか!

また、PassAppを使用するにあたってネット環境が必要となります。

シェムリアップのネット環境WiFi事情はこちらの記事にまとめてありますので、ご興味のある方は是非とも本記事と併せてご覧ください!

シェムリアップのWiFi環境について在住者が詳しく解説!

少しでもこの記事がカンボジアを観光予定の方のお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございます!