【シェムリアップ空港】国内線・国際線そして街中までの移動手段を解説

【シェムリアップ空港】国内線・国際線そして街中までの移動手段を解説

こんにちは。

シェムリアップを訪問予定の人
シェムリアップを訪問予定の人

・世界遺産「アンコールワット」に一番近い空港は?

・シェムリアップの空港はどこにあるの?

・市街地までの移動手段は?!

このような疑問にシェムリアップ在住の僕がお答えしていきます。

この記事でわかること

・シェムリアップ空港の場所
・シェムリアップ空港の国内線・国際線について
・空港から市街地までのお勧め移動手段!

これらを写真付きで具体的にお伝えしていきますので、世界遺産「アンコールワット」観光をお考えの方は是非ともご参考にして頂ければと思います!

ちなみに、現時点では日本からの直行便はありません。
日本からシェムリアップを訪れる方は、隣国のタイやベトナム経由となります。

シェムリアップへの発着フライト情報は英語版になりますが、公式サイトのこちらでチェックできます。

参考 Airport infomationSIEM REAP AIRPORT

国内線・国際線について

空港の場所

シェムリアップ空港の場所はこちらになります。

【地図】Googleマップで見る

市内中心部(観光場所で有名なオールドマーケットパブストリート周辺)から車やトゥクトゥクで25分ぐらいかかります。

地図上では「シェムリアップ国際空港」となっていますが、国際線のすぐ隣に国内線があるのでどちらも一緒だと思って頂いて大丈夫です!

国際線と国内線は歩いて行き来できます!

国内線:出発時

国内線
国内線出発口

シェムリアップ空港自体が小さいので、出発入り口に迷うことも無いと思います。

噂によると、シェムリアップ郊外に新しい空港の建設計画があります。

というのも、この現在の空港はアンコールワット遺跡群に近すぎるので、フライトが離着陸する際の振動で遺跡が少しづつずれて、長い目で見ると遺跡に被害が出てしまうためということです。

これが本当かどうかはわかりませんが、空港が遺跡群に近いのは事実です!

窓側の座席を確保出来たのであれば、上空からアンコールワット遺跡群を覗くことも可能です。

国内線
国内線入り口

現時点でシェムリアップ空港からの国内線はプノンペン空港行きシアヌークビル空港行き2つのみです!

国内線
出発カウンター

国内線の出発カウンターは7つしかありません。

通常は滅多に混むことはありませんが、たまに中国人の団体とチェックインが被るとチェックインに時間がかかります。

ですので、国内線では出発時間の1時間前には空港に到着してると安心です!

国内線
荷物検査へ
国内線
中もコンパクトです
国内線
blue pumpkin(ブルーパンプキン)

国内線出発口にはシェムリアップ市内でも見かけることの多いカフェ「ブルーパンプキン」があります。

フルーツシェイクやアイスクリーム、サンドイッチなどの軽食があります。

国内線
Artisans D’Angkor(アーティザンアンコール)

また、お土産屋としてシェムリアップ市内にも展開している「アーティザンアンコール」もあります。

全体的に値段は高いですが、クオリティは間違いないです。

国内線
Senteurs d’Angkor(セントゥダアンコール)

さらにもう1店舗お土産があり、こちらは石鹸、オイル、キャンドルなどのスパ用品に加えてクッキーやジャスミンティー、胡椒なども取り扱うお土産「Senteurs d’Angkor」です。

市内にも店舗があり、女性向けの商品が充実しています。

国内線
喫煙所

喫煙所も出発入り口内にあります!

国内線
搭乗開始、出発!!

空港自体が小さいので、飛行機までは歩いて向かいます。

搭乗客は飛行機の前で写真を撮ったりも出来ます!!

国内線:到着時

国内線
到着口

到着口もシンプルです!

この写真の右上にベルトコンベアーがありますので、そこで預けていたスーツケースなどを受け取ります。

ツアーなどに申し込んでおらず、自分達で街中まで行く場合は到着出口を出てすぐ目の前にオフィシャルなタクシー乗り場ありますので、そこでタクシーを申し込むことが出来ます。

ですが、このオフィシャルなタクシーはお勧めしません!!

理由は下記「街中までの移動手段」にて解説していますので、そちらをご覧ください。

国際線:出発時

国際線
国際線出発口
国際線
国際線出発口駐車場

先程ご紹介した国内線のすぐ隣に国際線はあります。

下記の写真だと空港が空いているように見えますが、いくつものフライトが重なる夕方から夜にかけての時間帯は空港内が非常に混みあいます!

国際線
空いているときのチェックインカウンター

ちなみに、ツアーに申し込んでいる方で「英語が苦手なので、日本語ガイドにチェックインカウンターまで来てもらって、チェックインを手助けて欲しい!」と思う方がいるかもしれませんが、日本語ガイドは空港内には入れませんので、ご自身でチェックインの手続きをすることになります。

国際線
中国人の団体とフライトが重なるととても混みます!

現在のカンボジアは中国人だらけです笑

そのため、中国人団体とのフライト時間が被るとチェックインに時間を要します!

国際線の場合はおよそフライト出発時間の2時間前には空港に到着するようにすれば問題ありません。

それよりも早く空港に着いたとしても、そもそもチェックインカウンターが開いておらず、チェックインすることが出来ません。

日系のツアーでも、2時間前にお客さんを空港へ送っていることが多いです!

国際線
チェックインカウンター前にある「スターバックス」

営業時間は 04:00 AM – last flightです。

ただ、ドリンクを持って手荷物検査には入れないのでお気を付けください。

国際線
出入国審査へ
国際線
出入国審査(パスポートコントロール)

ここに写真は無いですが、出入国審査を終わると手荷物検査になります!

手荷物検査を抜けると免税店があります。

国際線
免税店
国際線
カフェやレストラン

空港内にはカフェやレストランがあります。

ほとんどが朝6時半にオープンし、その日の最終便(夜11時半近く)までは営業しています!

国際線
FCCカフェ

こちらの「FCCカフェ」を運営するFCCグループはシェムリアップとプノンペンにホテルやレストランがありますので、街中を観光中に目にすることがあるかもしれません。

国際線

カフェ以外にもBurger King(バーガーキング)やDairy Queen(デイリークイーン)、Dim Sum Emperors(飲茶)、吉野家などがあります。

これらにて、フライト出発前に食事を取ることが可能です。

国際線
吉野家

吉野家の牛丼ですが、日本より高いです笑

シェムリアップ市内にも吉野家があったのですが、人気が出ずにすぐに撤退してしまいました。

国際線
搭乗ゲート
国際線
プラザプレミアムラウンジ

シェムリアップの空港ラウンジです。

ラウンジは国際線出発口1番2番の搭乗口近くにあります。

営業時間は朝5時から深夜までです。

現時点のウォークインレート(予約なしで、その場にて支払い)は2時間で一人39ドルとなっております。

シャワーもありますので、シャワーだけ浴びてさっぱりしたいという方はシャワーのみで一人17ドルで利用可能です。

国際線
空港トイレ

空港内のトイレですがこんな感じです。

可もなく不可もなくという感じです!

国際線:到着時

シェムリアップ空港の到着口もとてもシンプルです。

まずは、フライトが到着したらビザを事前にお持ちの方であれば、そのまま出入国審査へ進みます!(カンボジアは観光だけでもビザ必須)

アライバルビザを取得予定の方はビザ申請のカウンターにて、申請用紙に必須事項を記入し、その場にて申請すれば取得できます。

無事に出入国審査を終えたのであれば、あとは預け荷物を受け取り、出口へ向かいます。

出口付近で空港職員への税関申告書の提出がありますので、そこで提出すれば問題ありません。

国際線
空港の外
国際線

空港の外にて、事前にツアーに申し込んでいる人は日本語ガイドが、ホテルにピックアップをお願いしている人はドライバーが紙にお客さんの名前を書いた看板を持って待っています。

たまに勘違いして他のお客さんを連れて行ってしまうガイドやドライバーがいますので、申し込みをしたツアー名や自分の名前、電話番号などをしっかりチェックしてから出発しましょう!

国際線
空港外のカフェ

空港の外にこのようなカフェもあります。

空港から街中までの移動手段

シェムリアップ空港から街の中心部まではトゥクトゥクや車で25分ほどかかります

徒歩で市内中心部までは行けません、遠すぎます!

ですので、事前にツアーに申し込んでピックアップに来てもらうかホテルにピックアップをお願いするのがベストです。

なお、空港内にはオフィシャルなタクシーサービスがあります。

シェムリアップ空港内にはオフィシャルなタクシーサービスがあり、流しのトゥクトゥクなどが入って来れないようになっています。

つまり、違法な客引きをするような悪質なドライバーは空港内にはいません。

国際線
空港の外すぐ隣にタクシーサービスの窓口があります。
この写真右側がその窓口です。

サービスを利用する場合はこの窓口で行き先を伝え、どのタイプ(車なのかバイクなのかトゥクトゥクなのか)を選び、支払いをします。

すると、行き先が書かれたレシートを受け取るので、それを持ったまま案内係に従って、タクシー乗り場へと向かいます。

そのレシートを元にドライバーが行き先まで届けてくれます。

国際線
タクシーサービス窓口

これらのオフィシャルなタクシーサービスによって、空港内の秩序は保てているわけですが、逆に言えば事前にツアーに申し込んでいない人、そしてホテルにもピックアップサービスをお願いしていない人は多少料金が高くてもこのタクシーサービスを使うしかありません。

ですが、このオフィシャルなタクシーサービスは料金が高く設定されおり、お勧めしません!

例えば、空港から市内中心部であり観光名所の「パブストリート」まではオフィシャルなタクシータイプ(日本で言う一般的なタクシー)で10ドルトゥクトゥクタイプだと9ドルもします!

これが最近流行りの「配車アプリ」でGrab(グラブ)やUber(ウーバー)のようにカンボジアで人気のあるPassApp(パスアップ)を使えば空港からパブストリートまでが三輪型の小型タクシーで10,377リエルです!

4000リエルが1米ドルなのでおよそ2.6ドルです!!!

国際線

配車アプリを使えば、オフィシャルなタクシータイプと比べると7.5ドルぐらい浮きます!

ちなみに、パブストリート付近では1グラス生ビールが50セントですので、その浮いたお金だけでも10杯以上のビールが飲むことが出来ます笑

この三輪型の小型タクシーに2人もしくは3人は乗れます!

ただ、三輪型小型タクシーはスペースが限られているので、荷物が多い時はこのパスアップでトゥクトゥクを呼べば4人まで乗れて、かつスーツケースなども余裕を持って載せることが出来ます!

オフィシャルなタクシーサービスで空港からパブストリートまではトゥクトゥクに頼むと9ドルでしたが、パスアップで同じくトゥクトゥクを呼ぶと12,029リエルなのでおよそ3ドルです!!

同じトゥクトゥクに乗るだけでも、パスアップを使えばだいぶ安くなり、オフィシャルタクシーサービスの3分の1の料金です!

国際線

また、自分でパスアップを呼ぶ際は空港内までパスアップを呼ぶのではなくて、空港外の空港前入り口周辺にピックアップポイントを設定し、空港内から下記の写真のところまで自分が歩いて行くようにするのがオススメです!

と言うのも先ほどお伝えした通り、空港内の警備が厳しいのでパスアップを空港内まで呼んでも入って来れない可能性があります。(オフィシャルなタクシーサービスからしたら仕事を奪われるわけですから、、、)

空港内出口からこの下記のピックアップポイントまでは歩いて2-3分ぐらいです。

空港内の駐車場を横切って空港外のゲートを目指すような形となります。

空港外

オフィシャルなタクシーが高いために、この下記写真のオレンジ屋根のゲート付近でパスアップに乗って、街中へ移動する観光客の方は多いです。

空港の外にてパスアップに乗り、
市内中心部へと向かうのがベスト!
【PassApp】カンボジアの配車アプリはGrabよりもPassApp!

ちなみに、このパスアップを使うにはインターネット回線が必要になってきます。

シェムリアップ空港でのSIMカード購入場所、購入方法、料金まとめ!
国際線
空港のSIM売り場。フライトが重なると混み合います。

SIMカード売り場は夕方や夜のフライトが重なった時窓口のスタッフの数が少ないときとても混み合います!

また、当たり前ですが手続きは全て英語で行われて、見ず知らずの人にスマホをいじられて設定されることになります。

こういった手続きが面倒に感じ、到着後はすぐにでも市内中心部へ向かいたい時は事前に日本でレンタルwifiを用意しておくと便利なのでお勧めです。

レンタルwifi

グローバルWiFi 公式サイト:https://townwifi.com

ちなみに、こちらの「グローバルWiFi」は外務省でもお勧めのレンタル海外wifiなので知名度があり信頼もおけて安心して使用できます。

日本の出発空港で借りて、到着空港で返却が可能です。

国際線

グローバルWiFi(公式サイト)

海外旅行の際にはこういった事前準備をしておくことで無駄な出費を減らすことも出来ますし、旅行をスムーズにそして快適に過ごすことが出来ますので、現地到着前にこういった準備をしっかりと行っておくことをお勧めします!

さいごに

以上がシェムリアップ空港についてとなります。

小さい空港ですので、たとえ国際線だろうと迷うことは無いと思います。

また、空港から街中までの移動手段を少しでも安く済ませたい方は先ほどご紹介した配車アプリでの移動を強くお勧めします!

オフィシャルなタクシーサービスは高すぎます。。。

この記事が少しでも、シェムリアップ観光をお考えの方のご参考になれれば幸いです。


最後までお読みいただきましてありがとうございます!!