【領事館】在シェムリアップ領事事務所について在住者が解説!

はじめに

こんにちは。

・シェムリアップに大使館や領事館はあるの?

・領事館での業務内容を知りたい!

・観光中にトラブルに遭ったら領事館は助けてくれるの?

このような疑問にシェムリアップ在住の僕がお答えしていきます。

在シェムリアップ領事事務所

結論から先にお伝えしますが、シェムリアップに大使館はありませんが「領事館」ならあります。

通常であれば観光客の方は領事館へ足を運ぶことも無ければ、お世話になることも無いはずです。

ですが、シェムリアップを観光中に

  • 事故に遭った
  • スリにあって貴重品を全て盗まれた
  • パスポートを紛失した
  • 家族/友達が行方不明になった

などのように、自分たちだけでは解決できないような思いがけないトラブル事件・事故に見舞われた際には領事館にお世話になると思います。

そんないざという時にとても頼りになる心強い存在の領事館について、この記事では領事館の業務内容領事館で出来ること・出来ないことを解説していきます。

【領事館】在シェムリアップ領事事務所について

そもそも領事館とは?

大使館は各国、その国の首都のみにあるのでカンボジアでは首都の「プノンペン」にあります。

大使館は主にその国において外交政策の拠点として活動する機関です。

そして、首都以外の主要都市に置かれ、在留邦人の保護やその国での情報取集、国際交流などを行う機関が領事館です。

英語で大使館はEmbassy(エンバシー)、領事館はConsulate(コンサルゥテ)です。

ですので、大使館が本部領事館は支部というような位置付けになります。

ちなみに、国が大きいところは領事館がいくつもあります(アメリカでは大使館が1つで、領事館が17つもあります)

カンボジアでは現在「シェムリアップ」のみに領事館があります。

場所

シェムリアップの領事館は「ソカ・パレスホテル」内の3階です。

注意
同じ敷地に「ソカ・シェムリアップリゾートホテル」もありますがそちらではありません!

遺跡観光する際に必要な「遺跡入場券」のチケット売り場の近くです。

ホテル前の大きい道から、
警備員がいる小屋を左手に曲がり中に入って行きます。
領事館
バイク用の駐車場
領事館
ホテル前の領事館来館者専用の駐車場
領事館
ソカ・パレスホテル
領事館
ソカパレスホテル内フロント前を通って領事館へ
向かう場合はこちらからホテルエントランスへと向かいます。
領事館
ただ、わざわざホテルの中を通らなくても
ホテル右手のこちらから領事館へ行くことができます。
実際こちらの方が近道です。
領事館
右手には中国企業が何やら建設中です。
領事館
この裏道を通って、ホテル内へ向かいます。
領事館
右手にこのようなホテル内への入り口がありますので、
ここから中へ入ります。
領事館
先ほどのドアを入ったすぐの所にエレベーターがありますので
これを使って3階へ!
領事館
エレベーターを降りたら到着です。
領事館
ここがシェムリアップの領事館となります。

館内に入るとすぐにセキュリティチェックがあり、電子機器は持ち込み禁止なので受付にて預けることになります。

中には綺麗な待合室があり、日本語のフリーペーパーが置いてあったり日本のテレビが流れたりしています。

取扱業務

◇取り扱い業務  (平成30年9月現在)   
在留届,戸籍・国籍事務,証明事務,邦人保護,在外選挙, 旅券事務,査証事務 
 
◇執務時間       
月~金曜日の08:00~12:00、13:30~17:15(休館日を除く)

◇領事窓口受付時間      
月~金曜日の09:00~11:30,14:00~16:30 (休館日を除く)

◇電話番号: 063-963-801~3(国番号:855)

在カンボジア日本国大使館ホームページ
注意
領事館に直接出向く用事がある際は「領事窓口受付時間」内に出向かないと対応してもらえません。また休館日は土曜日、日曜日、そしてカンボジアの祝日となります!カンボジアは祝日が多い国なので訪問前にご確認することをお勧めします。

ホームページ上では領事情報として観光客に向けた注意喚起在住者へ向けたイベント、セミナーなどのお知らせが随時更新されております。

また、大使館のホームページから外務省が発行している大使館および領事館で出来る事・出来ない事というのが、とてもわかりやすくまとめられているので、抜粋してみました!

大使館
大使館
大使館

在住者、観光客へ業務の取扱範囲がわかりやすくまとめられてあります。

全編はこちらにありますので下記のリンク先で確認してみてください。

海外で困ったら 大使館・総領事館のできること

外務省 海外安全ホームページ

さいごに

以上がシェムリアップの領事館情報となります。

また、外務省発行パンフレットに海外旅行する際の心構えが載っていましたので、ご参考までにご紹介いたします。

大使館
外務省発行パンフレット

実際に海外では思いがけないトラブルは起こってしまうものです。

カンボジアも例外ではなく、日々様々なトラブルが起きています。

ちなみにですが、現地の警察は残念ながらあてになりません

例えば、アンコールワットをはじめとする遺跡などは古代遺跡のために足元が悪いので転倒事故などが多いです。

そのため下記のような事例も多く、

観光中に転倒してしまい怪我をし、すぐにでも病院に行きたい。そこで「ツーリストポリス(遺跡内に常駐している警察隊)」にお願いをし、病院まで届けてもらったところ後からチップをしつこく請求され、警察と揉めることになってしまった

というような事例を何度も見聞きします。

日本のように警察にお願いすればなんでも助けてくれる訳ではありません。

あと、観光中に身の回りの物を紛失したらそれらはもう戻らないと思った方が良いです。

日本のように「落とし物は交番に届ける」みたいなことは99%ありません。
(中には本当に親切な方でSNSなどを通して所有者を探そうとする素晴らしい人もいますがごく少数です。。。)

日本帰国後に携行品の紛失・盗難保険を保険会社へ請求するために必要な「紛失証明書」を警察から発行するだけでもチップが必要になったりします。

そういう場合は警察に頼らずに現地の旅行代理店などがそういったものを無償で発行してくれるケースもありますので、事情を説明して発行してもらい、日本帰国後に保険会社へご自身で請求しましょう。

このように、観光客の方が領事館にお世話になる時は何か問題が発生した時だと思います。

もしも観光時にトラブルに巻き込まれた、遭遇した際はまずは落ち着くこと、慌てないことが大事になってきます。

ツアー中で日本語ガイドがいるのであれば日本語ガイドに連絡をしてみる、ホテルのフロントスタッフに日本人がいればその人に連絡してみる、旅行会社の連絡先がわかるのであればそこに連絡してみる、など。

そのような連絡先を知らない、もしくは緊急事態で今すぐに助けて欲しいという際は領事館の代表電話(国番号855)063-963-801もありますので連絡してみてはいかがでしょうか。

トラブルはいつどこで起きるか誰にもわかりません。

そんな時に少しでも迅速な対応が取れるように海外でも使用できる連絡手段を持っておくことも海外旅行するうえで大切なことです。

たとえば、上記外務省のパンフレットにも載っており、外務省と提携している海外レンタルWiFiは外務省と提携してることだけあって、知名度・人気ともにありますし、カンボジアでも使用可能です!

【グローバルWiFi公式サイト】https://townwifi.com

ただ、上記にもありました通り領事館は全部のことに関して対応・対処してくれるとは限りません。

あくまでも「緊急の際の最後の手段」として考えておくと良いかもしれません。

このように、海外旅行中の方や在住者も今一度「自分の身は自分で守る」ということを意識して、それでも何かしらの問題が発生し、助けが必要であればこういった現地の大使館および領事館なども利用してみてはいかがでしょうか!


最後までお読み頂きありがとうございます!