【プノンクーレン】シェムリアップ郊外観光の穴場をご紹介!

はじめに

こんにちは。

シェムリアップを観光予定の人
シェムリアップを観光予定の人

・プノンクーレン遺跡ってどんな場所?

・シェムリアップ郊外のお勧め観光スポットを知りたい!

・ローカル感が味わえるような場所に行ってみたい!

このような疑問にシェムリアップ在住の僕がお答えします。

この記事でお伝えしたいこと

この記事ではシェムリアップから車で1時間ほどのところにある「プノンクーレン」についてまとめてあります。

プノンクーレンはシェムリアップの郊外遺跡で人気のある「ベンメリア遺跡」や「バンテアイスレイ遺跡」などに比べると知名度が低く、観光客が少ないので、穴場スポットとしてお勧めです!

ですので、シェムリアップの郊外観光をご希望の方やあまり観光客がいないようなローカルスポットを味わいたいというような方には是非とも参考にして頂ければと思います。

【プノンクーレン】シェムリアップ郊外観光の穴場をご紹介!

概要

プノン・クーレン(クーレン山、Phnom Kulen 〈Phnom Koulen, Phnum Kulén〉、英語: Koulen Mountain、クメール語: ភ្នំគូលែន、「ライチの山」の意)は、カンボジアシェムリアップ州に位置する山岳地帯である。

Wikipedia

プノンクーレンは国立公園ということもあり自然豊かな場所で、観光客向けというよりはカンボジア人が暑さをしのぐために涼みに行くような場所です。

特に、カンボジアの暑さが厳しくなる4月5月はカンボジア人で賑わいます

場所

【地図】Googleマップで見る

現在は道がだいぶ舗装されていますので、シェムリアップ市内からは車で1時間ぐらいで着きます。

山の麓から車で山頂を目指すわけですが、山の道幅が狭いために時間によって規制があり、午前中は上りで、午後は下り一方通行となります。

そのため、プノンクーレンに向かう際は午前中にシェムリアップ市内を出発する必要があります!

入場料

プノンクーレンは入場料として大人1人$2012歳以下は無料です。

山の麓で購入可能で、パスポートや身分証明書は必要ありません。

**ただし、12歳以下の場合は年齢を証明するための身分証明書が必要となります。

右側に見える小屋がチケット売り場です
チケット
MEMO
多くの観光客が訪れる「アンコールワット」などの遺跡観光に必要な「アンコール遺跡群入場券」はここでは適用されませんのでご注意下さい!

プノンクーレンのお勧めポイント!

ここからはプノンクーレンのお勧めスポットをご紹介していきます。

山道

プノンクーレンは小高い山で、山の上に後ほどご紹介する「滝」「涅槃仏」などの見どころスポットがありますので、山の麓から車で山頂へと目指しますが、その道中ではアドベンチャー感を味わうことが出来ます。

大きな岩に囲まれた狭い道を駆け上がっていき、さらに道中で山の下を覗くことができるような場所もあり、カンボジアの大自然を満喫できます!

赤土の道を駆け上がっていきます
昔この辺りは採石場だったこともあり、大きな石がゴロゴロあります!
道中でカンボジアの自然も見渡せます!
道幅が狭いために要所要所で
スタッフがスタンバイしています
巨大な石の間を進んでいきます!
赤土の砂埃がひどいので訪れる際は車での移動がお勧めです!
麓から20分ぐらいで駐車場に到着です!

大小の滝

プノンクーレンに行く目的はこれと言っても過言では無いと思います。

この高さ20メートルの大きな滝を見にカンボジア人も観光客もプノンクーレンを訪れます。

滝までは通路もありますが、ゴロゴロと転がっている大きな石を渡って滝までも近づけます!

駐車場からは歩いて滝へと向かいます
出店もたくさんあります!
道中では浮き輪や水鉄砲なども売っています!
ローカルの屋台
観光客向けのレストランもあります!
ここの休憩スペースはお金を払って借りることができ、
ここでカンボジア人は食事したり昼寝したりと
リラックスした時間を過ごします!
滝の上流の小川で遊ぶ子供達!
いよいよ滝の近くです!
プノンクーレンには大小の2つの滝があり、
これが大きい滝の上流に当たる「小さい滝」です!
子供たちが水遊びを楽しんでいます!
足元が滑りやすので注意してください!
この小さい滝から下に流れ落ちるのが「大きい滝」となります!
階段を使って下へ向かいます!
大きな岩がゴロゴロあります!
かなり大きい岩なので岩の上で休憩することも出来ます!
こちらが「大きい滝」となります!
この日は4月だったので水量が少なかったですが、
それでも近くで見ると迫力がありました!
水量が多いとされるのは雨季の終わった11月12月辺りです!
さすがにこの中を泳ぐ勇気はありませんでした笑

プリアアントム寺院

プリアアントム寺院は巨大な岩の上にある寺院です!

もともと、この辺りはアンコール時代の採石場であったということから大きな石がゴロゴロあります。

その寺院の中に全長8メートルの国内最大の涅槃物がいますので、一見の価値があります。

先程の小さい滝から歩いて山の上へと向かいます!
途中で看板もありました!
結構歩きます!
ようやく到着です!
小さい滝から歩いて25分ぐらいかかりました!
かなり巨大な岩なので迫力があります!
この巨大な岩の上にある寺院へと向かいます!
巨大な岩の上なので階段も長いです
「涅槃仏」
写真ではわかりづらいかもしれませんが全長8メートルもあります!
寺院からはカンボジアの自然を一望出来ます!

千本リンガ

よくガイドブックなどにも載っているプノンクーレン内の「千本リンガ」にも立ち寄ってみましたが、正直なところ「立ち寄らなくても良いのでは」と思ってしまいました。

「え、これだけ」というような感想です。

しっかりとカンボジアの歴史この彫刻の成り立ちを理解していれば面白いのかもしれませんが、そうではない方や時間にゆとりが無い方はここは立ち寄らなくても良いかもしれません。

ちょっとガッカリした千本リンガ
四角い窪みが「リンガ」と呼ばれる彫刻です
特に辺りにも何もありません

プノンクーレン観光の注意点!

プノンクーレンを観光する上での注意点もいくつか挙げておきますので、ご参考までにご覧ください。

・山の中ということもあり足元が悪いうえに、滝の周辺は水しぶきで地面が濡れていてとても滑りやすいので、通路や階段には十分に気を付けて下さい!

不安が残る方は歩き慣れた靴で訪れた方が賢明かもしれません。

滝の近くの階段はとても滑りやすいので注意が必要です!

スリに注意してください!

もしも滝で遊ぶということがあれば自分の荷物からは目を離さないようにしましょう。

一応、滝の近くに簡易的な小屋があり、そこで荷物をロッカーに預けることも出来ます。

ロッカーと言っても本当に簡単なものですので少々不安ですし、何かトラブルが起きたとしてもそれは自己責任になりますので、どちらにせよ貴重品管理には注意が必要です。

・滝や涅槃物がある辺りは全然問題ありませんが、それよりも山奥に行くと地雷が埋まっているようです。

山奥に行くと「ゾウの遺跡」があったり小さい遺跡が点在しています。

地雷の有無に関しては真実かはどうかわかりませんが、ガイド無しで自分達だけで山の奥へ行くようなことは避けた方が無難です!

上記のような万が一の時の事故・ケガやトラブルが起きた時でも安心して旅行を楽しめるように事前に「海外旅行保険」に加入しておくこともお勧めします。

海外旅行保険は楽天カードで十分!補償内容、補償額を詳しく解説!

さいごに

プノンクーレンはカンボジア人が家族や友達と訪れるような場所なので、観光客が少ない分、カンボジアのローカル感を楽しめると思います!

どうしてもシェムリアップのアンコール遺跡群だけだと最初は遺跡の凄さに感動しますが、途中からどれも同じような遺跡に見えてきたり、歩き疲れたりしてきます。(本当に遺跡好きの方や歴史好きの方はそんなことないかもしれませんが、僕は飽きてしまいます笑)

そんな時に、シェムリアップでの主要な遺跡と併せてこういった一味違う郊外の観光スポットも訪れてみてはいかがでしょうか!

トリップアドバイザーは写真が多く、
イメージを掴むのに役に立ちますので
是非こちらも併せてチェックしてみ下さい!

【公式サイト】トリップアドバイザー

少しでもこの記事がシェムリアップ観光のお役に立てれば幸いです!


最後までお読み頂きありがとうございます!