【シェムリアップの移動手段】遺跡観光や市内観光に最適な移動手段を解説

はじめに

こんにちは。

シェムリアップを観光予定の人
シェムリアップを観光予定の人

・シェムリアップ観光の最適な移動手段を知りたい!

・遺跡観光には車?トゥクトゥク?

・どんな公共交通機関があるの?

このようなお悩みにシェムリアップ在住の僕がお答えしていきます。

この記事でお伝えしたいこと

この記事ではシェムリアップ市内での最適な移動方法や遺跡観光への移動手段をお伝えしていきます。

シェムリップにはどのような移動手段があって、それぞれの場面別に適した移動方法はどのようなものなのかを詳しくお伝えしますので、シェムリアップ観光をお考えの方はぜひ参考にして頂ければと思います!

【シェムリアップの移動手段】遺跡観光や市内観光に最適な移動手段を解説

まずはじめにお伝えしたいのはシェムリアップには公共交通機関がありません。

街中を走る路線バスも無ければ日本のような流しのタクシーもありません。

ましてや、電車地下鉄などがあるはずもありません。

そのうえで、観光客にお勧めなシェムリアップの移動手段として4つの方法をお伝えしたいと思います。

バイク

まず何といってもカンボジアはバイク社会なので、どこへ行くのにもカンボジア人や現地在住者はバイクを使います。

車の数よりバイクの方が圧倒的に多いです。

観光客の方もバイクをレンタルして移動手段として利用することは可能です。

ただ、カンボジアは交通規制があって無いような国なので交通事故が多いですし、シェムリアップ市内で行っている検問(ヘルメットの着用有無や夜間だと無点灯などをチェック)に捕まってしまうと外国人ということで、警察からお金(チップ)を請求されますので注意が必要です!

それでも「日本でバイクに乗っているので運転には自信がある」「どうしてもバイクに乗って街や遺跡を観光したい」という方はレンタルバイク屋が街中にはよくありますのでレンタルしてみてはいかがでしょうか。

こちらは観光客向けの「e-bike」です
電動自転車のようなもので運転方法も簡単です!

e-bike 公式サイト】 http://www.greene-bike.com

こちらはシェムリアップ市内でよく見かけるような
いたって普通のバイクレンタルです。
1日10ドルぐらいから借りることが出来ます!
自転車の貸し出しもあります!

レンタルバイクの管理には十分にお気を付けください!

遺跡内や市内は駐輪場が見つけづらかったりしますし、バイクの管理が甘い観光客のレンタルバイクを狙った盗難もよくあります。

借りるからには責任を持って扱いましょう。


トゥクトゥク

トゥクトゥクは荷物が多い時や、人数が多い時の移動に便利です。

観光客の方もネットや旅行雑誌で見たことがあり、トゥクトゥクに1回は乗ってみたいという方も多いと思います。

街中にもよく走っていますし、ホテルやレストランの前に待機して観光客を待っていますので簡単に乗ることは出来ますが、トゥクトゥクには下記のような注意点もあります!

  • 値段が決まっているわけでは無いので、どこへ行くのにも必ず乗車前に値段交渉をしないといけないのが面倒!
  • 目的場所をしっかりと確認しないと全然的外れな場所に連れて行かれることもある!
  • 窓や扉が無いため砂ぼこりをもろに受けます。シェムリアップ市内での移動ならまだしも、市内から遺跡観光へ向かうとなるとサングラスやマスクは必須です!
  • トゥクトゥクには窓や扉が無いのでひったくりやスリに注意!バイクで後ろから近づいてきて、荷物を取られるケースが多いです!

また、カンボジア人は地図を読むことが苦手なので、地図を見せただけではうまく目的地が伝わらないことが多いです。

そのため目的地の電話番号住所を見せるなり、伝える方が最適です!


配車アプリ

カンボジアでも急速に発展してきた配車アプリですが、本当にここ2-3年でよく普及しました。

それ以前は街で見かけるのはトゥクトゥクのみでしたが、今やトゥクトゥクは淘汰されはじめていて、カンボジア人も観光客もこの配車アプリをよく利用しています。

配車アプリの特徴としては「ドライバーとのコミュニケーションが不要」ということです。

トゥクトゥクだとどうしても値段交渉しなければいけなかったり、目的地の説明もしなければなりませんでした。

ですが、配車アプリを使えば全ての手続きはスマホ上で済ませることが出来るので、ドライバーとのコミュニケーションはゼロです。

そして、配車アプリでもトゥクトゥクや車を呼べる上に、配車アプリを通してトゥクトゥクや車を手配したほうが街で捕まえるよりも安く済みます。

配車アプリについては下記の記事をご参考ください。

【PassApp】カンボジアの配車アプリはGrabよりもPassApp!

ツアーに申し込んでの車手配

この方法が一番快適にシェムリアップ市内も遺跡観光も移動できますので、観光客の方にはお勧めです。

ツアーというのは事前に日本から日本の旅行会社を通して手配するタイプやこちらシェムリアップ到着後に現地旅行会社を通して車を手配する方法があります。

車を手配する際は料金は少し高くなりますが、自分達だけの専用車手配することを勧めます。

専用車以外だと見ず知らずの人との乗り合わせになるので、他の人の予定に合わせたり、気を遣ったりと完全にはリラックス出来ないと思います。

専用車だと自分達だけのスケジュールに合わせて行動出来ますし、シェムリアップ郊外の遺跡など遠方へ向かった際は移動時間もかかりますので、車の中でリラックスすることも可能です!


場所別の最適な移動手段

ここからは観光場面別にどの移動方法が最も最適なのかをお伝えしていきます。

遺跡観光

シェムリアップ市内の遺跡観光

お勧めの移動方法:車、トゥクトゥク、レンタルバイク

シェムリアップ市内から「アンコール遺跡群(アンコールワットなど)」までは車で30分ぐらいです。

(たまに観光客の方で徒歩でアンコールワットを目指そうとする方々がいますが、徒歩ではシェムリアップ市内から遺跡までは遠すぎるので行けません!)

車が一番最適ですが、トゥクトゥクでも向かうことが出来ます。

実際に多くの観光客がアンコールワットやアンコールトム、タプロームなどの主要なシェムリアップ市内の遺跡をトゥクトゥクを使って観光しています。

ホテルでトゥクトゥクを手配したり、街中で見つけたトゥクトゥクも「アンコールワット半日ツアー」や「シェムリアップ2日間たっぷりコース」などの自作ツアーを売ってきますので、予算を見ながらどの方法でトゥクトゥクを手配するのか決めましょう!


シェムリアップ郊外の遺跡観光

お勧めの移動方法:車

シェムリアップ郊外の遺跡観光として人気があるのは「バンテアイスレイ遺跡」と「ベンメリア遺跡」ですが、それぞれ車でもバンテアイスレイ遺跡までは45分ほど、ベンメリア遺跡は1時間半ほどかかりますので、車での移動が望ましいです。

観光客の方でトゥクトゥクを使って郊外の遺跡観光へ向かおうとする方がいますが、郊外は道路状況も良くないですし、カンボジアの暑さの中でエアコン無しは厳しい、砂ぼこりもひどい、夕方ぐらいの少し暗くなってからの遺跡からの帰り道は事故も多い、雨季だとスコールに遭ってびしょ濡れになる、などを考慮すると車での観光がベストです!


シェムリアップ市内の観光

お勧めの移動方法:配車アプリ

シェムリアップ市内でも有名な観光スポットであるオールドマーケットに行ったり、マッサージ屋に行く、ショッピングをしたい、レストランへ行く、などということがあると思いますが、その際は配車アプリが最適です。

ドライバーとのコミュニケーションが不要なので面倒なやり取りも無いですし、自分たちがいるところまで迎えに来てくれて目的地で降ろしたらそこで終了なので、観光中やショッピング中にずっと待たせておく必要が無いので煩わしさもありません。

観光後にまた使いたいと思えばスマホで設定したらすぐに新しいPassAppが迎えに来てくれるので便利です。

また、PassAppはトゥクトゥクよりも一回り小さいのでトゥクトゥクよりも小回りが利き、シェムリアップの狭い路地や道路などでも観光がスムーズに行きます!


シェムリアップ空港

お勧めの移動方法:車、配車アプリ

空港からシェムリアップ市内までは車で25分ほどです。

空港内にも正規なタクシー会社(一般乗用車、トゥクトゥク、バイクタクシーなどを選べます)がありますが正直高いです。

空港内にはこの正規なタクシー会社しか無いので、宿泊施設に空港送迎をお願いしていなかったり、ツアーに申し込んでいないとなると、このタクシー会社を使うことになります。

ですが、先ほどご紹介した配車アプリ「PassApp」を使うとかなり料金を抑えることが出来ます

詳しくはこちらの記事にも書いてありますのでご覧ください!

【シェムリアップ空港】国内線・国際線そして街中までの移動手段を解説

プノンペン

お勧めの移動方法:飛行機、バス

シェムリアップ観光のみの方には必要ない情報かもしれませんが、一応カンボジアの首都の「プノンペン」までの移動方法も挙げておきます。

シェムリアップからプノンペンまでは飛行機が最適です。

飛行機だとシェムリアップからプノンペンまでは45分ぐらいで到着します。

飛行機以外だと乗り合いのバスがありますが、陸路になりますので移動時間や休憩時間も含めると6時間ぐらいかかります。

また、若者やバックパッカーは料金が安い夜行バスを利用することも多いですが、夜間での長距離移動は事故も実際に多いですし、狭い車内で古い車両に揺られてでは寝ることも難しく、逆にコスパが悪い気がしますのでお勧めしません。

【バス】プノンペン-シェムリアップ移動ならジャイアントアイビスがお勧め! 【カンボジアのタクシー】料金相場や乗り方などを在住者が解説

さいごに

シェムリアップは小さい街なので、市内中心部にあるようなホテルを選べば徒歩でも観光スポットであるオールドマーケットやナイトマーケット、パブストリートまで行くことが出来ますので、ホテル選びも重要となってきます!

【立地良好】シェムリアップ中心エリアのお勧めホテル

その上で目的別、場面別に適した移動手段で観光をお楽しみください!

上記でもお伝えしましたが、カンボジアは交通規制があってないような国なので、レンタルバイクなどを使っての観光には十分にお気を付け下さい。

レンタルバイク屋は保険に加入していないので、もし何かの事故やバイクの盗難などが発生した際は全て自己責任になります!

海外旅行保険は楽天カードで十分!補償内容、補償額を詳しく解説! 【領事館】在シェムリアップ領事事務所について在住者が解説! 在住者が教えるシェムリアップの治安【最新情報】

少しでもこの記事がシェムリアップ観光のお役に立てれば幸いです。


最後までお読み頂きありがとうございます!