【バス】プノンペン-シェムリアップ移動ならジャイアントアイビスがお勧め!

【バス】プノンペン-シェムリアップ移動ならジャイアントアイビスがお勧め!

こんにちは。

カンボジアを観光予定の人
カンボジアを観光予定の人

・カンボジア国内での移動手段について知りたい!

・カンボジアの長距離バス会社は安全・安心?!

・バスのチケット購入方法、料金を知りたい!

この記事でお伝えしたいこと

この記事ではプノンペンからシェムリアップ(シェムリアップからプノンペンの逆工程も可能)へ向かう際の移動方法の一つとしてお勧めな「ジャイアントアイビス」というバス会社について料金やチケット売り場、乗降車場所などを実体験を元にお伝えします!

カンボジアの首都「プノンペン」とアンコールワットがある街「シェムリアップ」間の移動手段の一つとして、是非ともご参考にして頂ければと思います!

ジャイアントアイビス

まずはジャイアントアイビスの概要からお伝えしていきます。

【公式サイト】 https://giantibis.com/index.php

プノンペン-シェムリアップ間(もちろんシェムリアップ-プノンペン間の逆行程もあります)の移動手段の一つとして欧米客を中心に人気があるバス会社です。

ジャイアントアイビスの特徴

車内が清潔、綺麗!

こういった長距離バスというのは不衛生で古い車両を使用しているバス会社も中にはあります。

ですが、ジャイアントアイビスはどの車両も比較的新しいものを使用していますし、しっかりと清掃もされていますので、安心にそして快適に移動することが出来ます。

車内
座席感覚も十分な広さです

・各席にコンセントが付いている!

各座席にコンセントが付いているので移動中に充電が可能です。

各座席の窓側に付いています

車内に無料WiFiが付いている

ですが、サクサク使えるレベルではありません。

「WiFi使えたらラッキー!」なぐらいで、基本は付いていないものと考えておいた方が良いです。

スタッフが車内に同行!

ジャイアントアイビスだと運転手以外にカンボジア人スタッフが車内に同行してくれます。

全て英語での説明にはなりますが、出発時には目的地までの所要時間や休憩の回数、シートベルトのチェックなどを行い、休憩時間では「あと何分で出発します」などのアナウンス、そして目的地付近では降車場所の説明などをしてくれます。

水と軽食が出る!

ブルーパンプキンというカンボジアでは有名なカフェのパン1個と300mlぐらいの水1本、おしぼりが乗車時に支給されます!

バスチケットの購入・料金

公式サイトからオンライン上でチケット購入が可能です。

【公式サイト】 https://giantibis.com/index.php

先日、プノンペンへ行く用事があり、その帰りにジャイアントアイビス社を利用しましたので、その時のことを下記ではご紹介します。

プノンペンのチケットオフィス

【地図】Googleマップで見る

チケットカウンター
チケット

お昼の12:30にプノンペンを出発する便で、1人$15でした。

現在のバススケジュールを公式サイトで確認すると、プノンペン-シェムリアップ間(逆行程も同じく)のお昼の時間帯に走るバスは08:45発、09:45発、12:30発の3本のみとなっています。

それ以降の便は「夜行バス」となり、夜の11:00発、11:30発の2本です。
(理由は後述してますが、個人的には夜行バスはおすすめしません!)

【プノンペン-シェムリアップバス移動】出発!

いよいよ出発ですが、先ほどのチケットオフィスからの出発では無いのでご注意ください。

この日は観光スポットでもある「ワットプノン」の近くのバスターミナルから出発でした。(出発ターミナルが変わることもありますので、チケット購入時に再度ご確認ください)

【実際に僕が乗車したターミナル】Googleマップで見る

ジャイアントアイビス社と提携しているプノンペン/シェムリアップのホテルだとホテルから乗車場所までの無料のピックアップサービスが付いていますのでホテルに確認してみて下さい!

チケット購入時に「出発の30分前にはターミナルに到着して下さい」と言われましたが、そんなに早く行ってもすることが無いと思い、出発の10分前ぐらいにターミナルに到着しましたが、全然問題ありませんでした。

そしてバスへと乗り込み出発です!

使用したバス
道中はカンボジアの田舎の風景を楽しめます

そして出発後1時間15分ぐらいで最初のトイレ休憩がありました。

トイレ休憩のみですので10分ぐらいですぐに出発します。

ちなみにトイレはこんな感じなのでトイレットペーパーは持参したほうが良いです。

赤いバケツで奥に溜まっている水をすくって、
用を足した後に自分で流すスタイル

そして、そのトイレ休憩の後1時間30分ぐらい走ったところで次は「ランチ休憩」でした。

ここでは30分ほど休憩がありますので、ランチを取るのも良いですし、スナックやジュースなどを買って休憩するだけでも大丈夫です。

ランチ場所

この休憩時間では車内のエアコンが消されてしまうので、 ランチを取る取らないに関わらず、外に出てリフレッシュすることをお勧めします。

アジア料理からウエスタンまで観光客向けに用意されています

ランチ休憩後はひたすら走り続けるだけです。

ちなみに、こを出発してからシェムリアップに到着するまでトイレ休憩はありませんでしたので、トイレはここで済ませておくのがベストです。

プノンペン-シェムリアップバス移動 】到着!

そしてようやくシェムリアップに到着しました!

結局、この日は休憩時間なども含めて6時間ほどかかりましたので、シェムリアップ到着は夕方の6:30でした!

【実際に僕が到着した場所】Googleマップで見る

到着場所なのですが、公式サイトに載っている到着場所とは違う場所に到着しました。

僕はシェムリアップ在住なのでそこがどこだかわかりましたが、観光客の方は聞いていた降車場所と違ってくると戸惑うと思いますので、バスを降りる前に車内のジャイアントアイビスのスタッフに降車場所を確認することをお勧めします!

【公式サイトの降車場所】こちら

降りた場所がよくわからなくて困ったりすると不安だと思いますので、現地のSIMレンタルWiFiなどを駆使して、常にGoogleマップをチェック出来るようにしておくと安心だと思います!

シェムリアップのWiFi環境について在住者が詳しく解説!

また、降車場所にはこっちが旅行者で何もわからないと思ってか、客引きのトゥクトゥクドライバーが大勢詰めかけてきます。

大抵そういうドライバーはぼってくるので気を付けてください!

そんな時にも使えるのが「PassApp」「Grab」などの配車アプリですので、予めダウンロードしておくと便利です!

シェムリアップ市内観光や遺跡観光にも役に立ちますし、配車アプリをうまく活用すれば快適に旅行することが出来ますのでお勧めです。

【PassApp】カンボジアの配車アプリはGrabよりもPassApp!

さいごに

以上がジャイアントアイビスのご紹介となります。

現在では、カンボジア郊外の道路でさえも綺麗に整備されており、道路状況が良いです。

ですので、こういった長距離バスでも快適に移動することが可能です。

また、ジャイアントアイビスはナイトバスも取り扱っていますが、正直なところナイトバスはお勧めしません。

夜間走行は危険(実際に事故も多いです)、リクライニング式のシートやベッドタイプのシートでも席の幅が狭く寝心地が悪い、貸し出し用のブランケットが汚い、深夜の変な時間に休憩時間がある、昼間の料金と比べて格段に安いわけでは無い、などデメリットを挙げたらまだまだ出てきます。

このように、個人的にナイトバスはコスパ最悪だと思っています。

旅行にかけるコストを抑えることももちろん大事ですが、それ以上に安全、安心して旅行することが何よりも重要だと思います!

ですので、たまにはゆっくりとカンボジアの田舎の風景でも見ながら昼間のバス移動を楽しんでみてはいかがでしょうか。

カンボジア観光での移動手段について少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。


最後までお読み頂きありがとうございます!