【新卒入社1年目で退職の末路】後悔?経験談を元に解説!

【新卒入社1年目で退職の末路】後悔?経験談を元に解説!

こんにちは。

新入社員にも関わらず会社を退職したい人
新入社員にも関わらず会社を退職したい人

・新卒入社にも関わらず退職した人の末路は?

・退職しても大丈夫?それとも後悔?

・実際に新卒で退職した人の話を聞いてみたい!

このような疑問に新卒入社した会社を1年目で退職した僕がお答えしていきます。

筆者について

僕は新卒で入社した会社をわずか1年足らずで辞めてしまいましたが、第二新卒として転職活動を行い、無事に転職を果たすことが出来ました。

その転職活動の際に僕は海外転職という道を選びましたので、現在は東南アジアのカンボジアにて生活・仕事をしております。

この記事でお伝えすること

新卒入社1年目で退職の末路を経験談を元に解説
・「退職」に付きまとう“誇張”されたネガティブイメージ
新卒で退職したとしても「良い結果」は待っている

このような内容で本記事は進めていきますので、新卒入社した会社をすぐにでも辞めようと思っている方には是非ともご参考にして頂ければと思います!

新卒入社1年目で退職した末路

まずは自分の体験談として「新卒入社1年目で退職した人の末路」についてお伝えします。

先に結論からお伝えすると僕の場合は「良い末路」でした。

前職を辞めて転職した今は仕事も私生活も充実しており、楽しく毎日を過ごすことが出来ています。

(なぜ退職を考えて、転職しようと思ったのかという詳細についてはプロフィールに書いてありますので、ご興味のある方はそちらをご覧頂ければと思います)

今となっては前職を辞めて転職するという決断をしたことは良かったと思えますが、その決断を下すまでには相当悩んでいたのも事実です。

当時、前職を辞めようかそれとも続けるべきかという悩みを毎日繰り返し、将来が見えない不安から大きく悩んでばかりでした。

つまりは退職後の悪いイメージ(悪い末路)ばかりを考えてしまっていました。

悪い末路のイメージ

・新卒にも関わらず退職することで会社に迷惑をかけてしまう
・今後の人生において、何事に対しても辞め癖が付いてしまう
・早期退職への周囲からの厳しい目線
・転職活動が上手く進まず、時間だけが過ぎて行く
・転職先でうまく馴染めずにまた転職を考えてしまう

自ら就職活動をし、採用してもらった企業なだけに、会社への申し訳なさ自分への不甲斐なさから上記のようなネガティブなことばかりを想像してしまっていました。

「退職することを考えただけもこんなに悩み・苦労するから、実際に辞めるとなると、もっと苦労して辞めたことを後悔してしまいそう」

と考えて、何度も「退職せずにこのままここで働き続けよう」と思いました。

ですが、ただ先のことを漠然と考えて不安に陥るだけの状況では何も変わらないと思い、とりあえず行動を起こしてみることにしました。

自ら動き出せばネガティブなことばかりを考えている頭の中がクリアになって、自分の進むべき道が見えてくると思ったからです。

具体的な行動の起こし方については下記記事をご参考下さい。

新卒1年目で会社を辞めてもすぐに転職出来た理由【体験談】

実際に行動に移して、自分の考えや思いを明確化させていくと当時の僕は「今の仕事を辞めて、転職したい」という気持ちが強かったために、前職を辞めるという決断をしました。

周囲へ迷惑をかけることは重々承知の上で、自分の気持ちに正直になることを選びました。

その結果、会社を辞めて転職をしたことは以前に想像していたような「悪い末路」ではなく、「良い結果」をもたらすものとなりました。

ちなみに、退職(転職)をして良かったと感じるポイントについては下記の記事にてまとめてありますので、是非ご参考ください。

【転職して良かったこと】社会人1年目での転職経験談

現職に不満があって退職を検討している方でも悪いイメージ(悪い末路を想像してしまう)があるせいで、なかなか退職に踏み切れずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな時には、頭の中で考えてばかりではなく、実際に行動を起こすことで自分が今やるべきことが明確になり、進むべき道が見え、たとえ退職したとしても「良い結果」が訪れるものです!

ネガティブなことばかりを考えてダラダラと時間が過ぎていくのは非常にもったいないことです。

ですので、まずは過度に先のことを心配しすぎずに、自分が出来ることから取り組むことを心がけて、少しでも将来が良くなるような選択をすることが重要です!

「退職=悪い」というネガティブイメージ

上記ではたとえ新卒入社1年目だったとしても会社を辞めて、転職することは可能ということをお伝えしました。

ですが、やはり世間一般的にみてまだまだ「退職=悪いこと」というようなネガティブイメージがあります。

こればかりは仕方が無いといえば、仕方がありません。

時代が変わってきて転職が身近な存在になりつつあるとはいえ、そういった悪いイメージを抱く人はいるものです。

ネガティブなイメージの例

・根性が無い
・何をやっても長続きしない性格
・自分勝手(自己中心的)
・コミュニケーションスキルに問題あり

新卒入社にも関わらず、すぐに会社を辞めてしまった人には世間一般的にこのようなイメージを抱かれるかもしれませんが、気にする必要はありません。

周囲に何と言われようが自分の気持ちに正直になることも時には大切です。

それは、実際にその企業で働いた自分だからこそわかる考えや問題があるはずだからです。

言ってしまえば他人はあくまでも他人ですので、物事の上辺しかみていないことがほとんどです。

例えば、最近よく耳にするようになった「ブラック企業」に入社してしまっていたら、新卒入社だとしてもすぐに辞めるべきです。

ブラック企業の例

・パワハラ/セクハラが横行している
・長時間労働/残業が多い
・休日が少ない/有給が取れない
・給料が低い

このような場合でも「新卒入社1年目で退職した」とだけ聞けば、イメージは悪いかもしれません。

ですが、「長時間労働は当たり前で休日も取れないようなブラック企業に勤めており、激務やストレスから体を壊しそうになったので、まだ新卒入社半年でしたが退職を決意しました」というように、しっかりとした理由であれば見方が変わってくると思います。

ブラック企業の例は極端かもしれませんが、下記のような理由でも会社を辞めて転職する上での立派な理由になります。

・ほかにやりたいことがある
・スキルが身に付くような仕事をしたい
・転勤したくない
・もっと個人に裁量権のある仕事を希望
・ライフプランの変更による転職

これらは転職エージェントdodaを利用し、転職活動を行った約8万人のデータを元に、退職するきっかけとなった転職理由を業種や年齢、男女別などに分析したものからの抜粋です。

詳しくは下記からご確認下さい。

画像出典:doda

>>>doda公式サイト転職理由ランキング

この分析結果での転職理由1位でもある「ほかにやりたい仕事がある」というのは簡単に言えば自分と企業とのミスマッチとも言えます。

入社前に描いていたイメージと入社後のイメージが違ったということですが、これは誰しもが起こり得ることです。

そういったミスマッチや社会の理不尽なことにも耐えながら「入社した会社では最低3年は働くこと」と言うことを世間では見聞きします。

そういった意見も理解は出来ますが、やはり自分の実力が発揮できないような場所で数年も働き続けるのは辛いことですし、なんだかモヤモヤしながら働いていても自分の成長に繋がりません。

「とりあえず3年」については下記記事でまとめてありますので、こちらも併せてご覧ください。

とりあえず3年で転職?社会人1年目に仕事を辞めた僕が思うこと

特に20代前半であれば、これからまだまだ自分のスキルや社会での実務経験を積めるような年齢ですので、ダラダラ仕事をして時間が過ぎ去るのを待つようなことだけは避けなければなりません!

会社を退職・転職しようとするのはあくまでも自分なので、周囲のことは過度に気にせず、自分の気持ちに正直になることをお勧めします。

その上で、こういったネガティブなイメージというものはとても巧みに出来ているということも知っておいて頂きたいです。

こちらの記事をご覧ください。

参考 【メンタリストDaiGo】ストレス過多の原因と改善に「ネガティブなニュースの遮断」をすすめる理由は?特選街web

記事内にもあります通り、世の中にはネガティブな情報が溢れています。

それはこういった退職・転職時の情報にも言えることで、退職や転職を考えている人は自分が退職や転職することに対して失敗したくないので、「転職活動に失敗した」「退職後に待っていたのは最悪の結果」というようなタイトルでの記事を自然と読んでしまうようになります。

そのため、どうしても書き手はそういった内容に偏って真実とは違う誇張された表現を使うようになります。

そのようなネガティブな情報に惑わされてしまい、自分の本当にやりたいことや進むべき道が見えなくなるのはとてももったいないことです。

ですので、そういった情報が本当に真実なのかどうかを見極め、自分でより適切な判断をしていくことが重要となります!

良い結果を生むためには

会社を辞めたことを後悔せずに、良い結果を生むための方法をここではお伝えしていきます。

まず最初にお伝えしたいのは新卒入社1年目で会社を辞めてしまったような人でも現在は転職のチャンスが大いにあるということです。

新卒入社して1~2年目の人たちは、一般に「第二新卒」と呼ばれます。

第二新卒の場合、最初に入社した会社でビジネスの基礎を身につけていることから、導入研修が不要であるという点で、新卒より第二新卒を求める企業も見られます。このように、第二新卒は企業から一定のニーズがありますので、転職のチャンスは豊富にあるといえます。

リクルートエージェント

僕も実際に第二新卒として転職活動を経験しましたが、意外にも20代前半・第二新卒への採用に積極的な企業が多くありました。

ですので、「新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまうと、転職活動に苦戦し、なかなか次の職場が見つからない」というような不安に過度におそれる心配はありません。

ひと昔前は、終身雇用制度が当たり前の時代で「入社した会社を定年まで勤めあげる」ことが美徳とされていた時代でした。

ですが、現在は「終身雇用制度の崩壊」や「働き方改革」などによって転職が一般的になりつつありますし、そのうえでIT企業を中心に世界の流れが急速に変わりつつある世の中において、自分自身の変化を常に求められるようになりました。

現代社会においては一つの企業で長く働き続けることよりも、急速なスピードで変化し続ける世の中に柔軟に対応していくような人材が求められています。

ですので、たとえ新卒入社1年目で退職したとしても適切な転職活動を行えば誰しも転職することが可能ということです。

また、仕事そのもの自体も次から次へと新しいもの(フロントエンジニア、Youtuber、ドローンパイロットなど)が生まれてきていますし、逆に時代の変化に追いつけないような仕事は淘汰されつつある現状です。

さらに、退職後は転職することだけに限らず自分で起業することも選択肢の中に入ってくると思います。

働き方というのは時代によって大きく変わっていくものです。

今では幸運にも「新しい働き方」を後押ししてくれている時代ですので、悪い末路ばかりを想像しすぎるのは良くありません。

このような20代や第二新卒向けの採用に積極的な企業が多いことから、転職エージェントや転職サイト内でも20代や第二新卒向けの「特集ページ」を多く組んでいます。

そういった特集ページを実際に見てみることで、

・どのような企業が求人を出しているのか?
・自分に合うような業種・職種はあるのか?
・勤務地はどこになるのか?

というような実際の求人情報に触れることが出来ます。

転職するしないに関わらず、そういったリアルな情報に触れることで現在の転職市場の動向自分の市場価値がわかり、より具体的に転職に対してイメージを持つことが出来るようになりますので、一度チェックして見ることをお勧めします。

そこで、下記にて3つのサイトをご紹介しますので、是非参考にして頂ければと思います。

下記の3つは僕も当時の転職活動時に利用していたもので、20代や第二新卒向けに特化した求人を数多く取り扱っており、転職活動の際には重宝していました。

「第二新卒特集」「キャリアタイプ診断」「年収査定」などのサイト内コンテンツも充実しており、使い勝手が良く、初めての転職活動でも安心してご利用頂けるかと思います。

マイナビジョブ20’s

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp

doda

【公式サイト】https://doda.jp

ハタラクティブ

【公式サイト】https://hataractive.jp

また、若いからこそのメリットもあります。

下記の引用記事をご参考下さい。

さらに年代と性別の掛け合わせで見てみると、苦労したと感じる人が多いのは30代男性と40代女性で、転職をうまく進められたと考える年代に違いがあることも分かりました。キャリア形成のペースやライフイベントが男女では異なることなどもあって、苦労したと感じるタイミングにずれがあるようです。

doda

このように30代,40代と年齢を重ねていくうちにキャリア形成ライフイベントに影響が出るのを避けるために、何をするのにもフットワークが重くなってしまいます。

20代前半であればまだまだ自分のために時間を有効活用できるような年齢ですので、自分のやりたいことやスキルアップに時間をかけても良いのではないでしょうか。

そのためにも現職に不満があるような方は将来後悔しないように、一度自分の気持ちを整理して、今取るべき行動を明確にすることをお勧めします!

さいごに

新卒入社1年目で退職の末路というタイトルに沿ってここまで自分の体験談を含めながらお伝えしてきましたが、あらためて僕自身は退職・転職後には本当に良い結果が待っていたと感じます。

悩みに悩んで退職(転職)という決断をしましたが、その決断を下したことが良い方向に転がりました。

何も難しいことをしたわけではなく、自分の気持ちに正直になって、行動に移しただけです。

ですので、現職に不満があり会社をやめようかどうか悩んでいる方には是非とも一度、頭の中を整理して、自分の気持ちに正直になってみることお勧めします。

その場に留まることで自分の気持ちが晴れるなら良いですが、留まっていて何も変わらない状況であるならば、新卒入社だったとしても退職を検討してみてはいかがでしょうか。

そんな時に、少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。


最後までお読み頂きありがとうございました!