第二新卒の不安解決方法【転職成功者経験談】

はじめに

こんにちは。

第二新卒として転職したい人
第二新卒として転職したい人

・第二新卒での転職が不安

・転職の不安解決方法を知りたい!

・実際に第二新卒として転職した人の話を聞いてみたい

このような悩みに対して自分の体験談を交えてお答えしていきます。

筆者について

僕は新卒で入った会社をわずか1年足らずで辞めてしまいましたが、第二新卒として転職活動を行い、無事に転職することが出来ました。

その転職活動の際に僕は「海外転職」という道を選びましたので、現在はカンボジアにて生活・仕事をしております。

このように僕は第二新卒として転職活動を行っていたわけですが、実際に転職活動をしている際には先が見えない不安から毎日大きく悩んでばかりでした。

  • 現職場に退職を伝えるのが怖い
  • 新たな転職先で馴染めるのかが不安(人間関係)
  • 強みやアピールポイント、キャリアが無いけど転職できるのか
  • 仕事を辞めることで「逃げ癖」がつきそう
  • 転職先が激務、ブラック企業の可能性もありそう

このようなネガティブなことばかりが頭に浮かんでいました。

これらを元に、自分が第二新卒としての転職時に感じた不安をおおまかに3つに分けて、その上でそれぞれの解決方法についてもお伝えしていきますので、第二新卒として転職をお考えの方はどうぞ最後までご覧ください!

第二新卒の不安解決方法【転職成功者経験談】

1:周囲の目線が気になる

第二新卒としての転職に悩みや不安は付き物です。

特に、周囲の目線を気にしてしまう人も多いと思います。

初めての転職活動だとなおさら周りの目線ばかり気になって、ああでもないこうでもないと余計なことばかりを考えてしまうものです。

何かにチャレンジする時はどうしても周囲からの批判は受けるものですし、ましてや初めての転職活動となると先が見えない恐怖から不安が大きくなってネガティブなことばかり考えてしまいがちです。

ですが、周囲のことばかりを気にしていても何も始まりません。

どんなに周りの人の気持ちを考えたとしてもその人の心の中を覗くことは出来ません。

転職活動は‘‘自分で自分のために行うもの’’なので、誰かと比較する必要もありませんし、周りに気を遣っていても何一つ良いことはありません。

転職することは何も間違ったことではないですし、実際に今の時代は転職している人も多いので自分の決断に自信を持つことが大事です!

ここで、ご参考までに現在の転職市場の状況をお伝えしますと、大卒者の就職後3年以内離職率は31.8%となっています。

これは新卒1年目での離職率からすると約10人に1人が転職し、3年目には3人に1人が退職しています。

新規大卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者)

出典:厚生労働省職業安定局集計

このように、実際には多くの人が転職をしているまたは検討しているものなのです。

ですので、自分の決断に自信を持って、周囲の意見や目線を気にせずに恐れることなく「行動」することが大事になってきます!

どうしても最初の一歩は恐れ多くなかなか難しいですが、何か小さな一歩でも構わないので動き始めたら案外物事はうまくいきます。

周囲の目ばかりを気にしていて自分のやりたいことを思うように行えないのは非常にもったいないことだと思いますので、最初は小さな一歩でも構わないので何かしらの「行動」を起こすことが大事になってきます。

2 : 相談相手がいない

転職を考え始めた際は実際に人に会って話す、アドバイスを求めることは大事です。

転職に関する話題に限らず、たわいもない話をすることで頭がクリアになって「意外と些細なことで悩んでいたんだなぁ〜」と気づくことがあると思います。

「誰かに話したところでこの気持ちは分かってもらえない、、」などと考えずに実際に口に出してみることが大切です。

ですが、転職を考えていることは職場の人に言いづらいですし、同期や地元の友達が楽しそうに仕事をしているのを見ると同期や友人にさえ相談しづらいという気持ちもわかります。

ましてやSNS上ではみんなキラキラした毎日を送っていてうらやましく感じてしまうことも。

そしてしまいには恋人や友人との比較もしてしまう。。。

そういった気持ちは分かりますが、誰かと比較したところで何も変化は起きないということをお伝えしたいです。

隣の芝生は青く見えるものですので、誰かと比較したとしても仕方ありません。

そのまま誰にも相談できずに悩みを抱えたままにしておくのも良くないので、ネット上のサービスなどをうまく使って、転職活動を進めていくことをおすすめします。

例を挙げると、国が転職活動を支援しているサービスがあります。

厚生労働省が支援しているこちらの「おしごとアドバイザー」は無料で電話やメールで相談・質問が出来るサービスです。

参考 電話・メールでの質問・相談からはじまる仕事探しおしごとアドバイザー

こういったものを有効活用し、頭の中をクリアにして少しでも気持ちにゆとりを持つように心がけましょう。

また、誰かに相談したりアドバイスをもらったとしても最後は自分で決めることが重要です。

自分の決断に自信を持ち、下した決断に後悔しないことが重要です。

3 : アピールポイント、キャリアがない

転職を考え始めた際に「自分にはスキルや強み、アピールポイント、キャリアが無いが果たして本当に転職出来るのだろうか、、、」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

実際に僕もこれといったスキルやキャリアもなければ、英語もままならない中で海外転職をしています。(今思うと本当に無茶なチャレンジでしたがなんとかなっています笑)

そういう中での転職活動は確かに苦労します。

僕も最初はなかなか良い求人が見つからずにいました。。。

それでも視野を広げて求人を探せば意外と多く見つかるものです。

特に新卒入社1年目での転職や第二新卒としての転職であれば、これから社会経験を積んで自分の強みを見つけ、キャリアアップへと繋げることが出来る年齢なので、転職することをネガティブに捉えず、ポジティブに考えましょう!

今の世の中は便利でマイナビジョブズ20’sという全求人を20代に特化した専門転職エージェントもあります。

20代に特化しているということもあり社会人経験が短かったり、実績が無くとも自分自身のポテンシャルを見てくれるような求人がありますので、自分自身で強みやアピールポイントが無いと思っている人も是非一度チェックしてみることをオススメします。

マイナビジョブズ

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp

キャリアもアピールポイントも無かった僕ですが、海外転職を機に充実した生活と楽しくやりがいのある仕事を行えているので転職をして本当に良かったと思っています。

何がキッカケで人生が変わるかはわかりません。

若くしての転職をすると確かにすぐにはキャリアアップに繋がる転職ではないかもしれませんが、そのぶん自分の中で新たな可能性を見出したり新たな強みを手に入れることが出来ます。

また、先ほども上記でお伝えしましたが、今の時代は転職が当たり前とはいかないつつもだいぶメジャーになってきており、企業なども第二新卒を積極的に採用しています。

第二新卒の採用ニーズは増加傾向

第二新卒の採用見通しは、6割強の企業が『積極的』

引用:マイナビジョブズ20’s

これが30代になると話がまた変わってきて、それまでの「実績」を問われることが多くなるため、自分の思うように転職が進まないことも出てきます。

20代では自分の理想を追い求めたとしても30代からはシビアに現実を見なければなりません。

そのため、第二新卒としての転職はスキル習得キャリアアップのための前向きな転職としてポジティブに捉えていきましょう。

さいごに

転職を考え始めてからは、ただただ悩んでダラダラ働き続けるのは良くありません。

自分の夢ややりたいことがあるならば自分の気持ちに従うべきです。

特に若いうち、20代なんて思ったことはなんでも出来る年齢です。

不安や悩みが多いということはそれだけ将来を真剣に考えているからこそなので、「転職するのは悪いこと」というように自分を責め過ぎるのは良くありません。

また、時間は有限にあるわけでは無いので具体的にどのような自分になりたいかをイメージしてそこから逆算して今すべきことを考え、実際に「行動を起こすこと」が重要になります。

どうしても転職活動に悩みや苦労はつきものですが、その先には素晴らしい結果が待っていると信じて行動してみましょう。

そんな小さな最初の一歩のキッカケにこの記事がなれれば幸いです!


最後までお読みいただきありがとうございます!!