新卒1年目で会社を辞めてもすぐに転職出来た理由【体験談】

はじめに

こんにちは。

新卒入社1年目にも関わらず転職したい人
新卒入社1年目にも関わらず転職したい人

・新卒入社1年目だけど会社を辞めても大丈夫?

・すぐに会社を辞めた人でも転職は可能?

・初めての転職活動で何から手を付ければいいかわからない

このような疑問に自分の体験談を含めながらお答えしていきます。

筆者について

僕は新卒で入った会社をわずか1年足らずで辞めてしまいましたが、転職活動を経て、無事に転職を果たすことが出来ました。

そして、転職活動の際に僕は「海外転職」という道を選びましたので、現在はカンボジアにて生活・仕事をしております。

このような自分の転職経験を踏まえた上で言えることは「正しい転職活動を行えば、新卒で入った会社をすぐに辞めた人でも転職は可能」ということです。

この正しい転職活動において重要なポイントとなるのが下記の3つです。

  1. 頭の中を整理する
  2. 情報取集
  3. 行動に移す

これは僕が実際に行っていたものであり、これらを最初に意識しておくと転職活動のスタートダッシュに成功し、たとえ新卒入社1年目での転職だとしても無事に転職出来る可能性が高まります。

こららについて下記にて具体的に解説していきますので、どうぞ最後までご覧ください!

新卒1年目で会社を辞めてもすぐに転職出来た理由【体験談】

1、頭の中を整理する

転職を考え始めると様々な悩みが出てくると思います。

僕は転職を考え始めてから毎日ネガティブなことばかりを考えてしまっていました。

  • 転職に関して上司や同期からはどう思われるだろうか
  • 新卒入社1年目での転職活動はうまくいくのだろうか
  • 転職後に「転職して良かった」と思えるのだろうか

今となっては本当に余計な心配ばかりしていたな、と思いますが当時はいっぱいいっぱいでネガティブなことしか頭にはありませんでした。

そんな時に、一旦自分の頭の中を整理することにしました。

転職をするにしても具体的な理由が無ければ現状からの「逃げ」のような転職になってしまい、仮に転職したとしても新たな職場にてまた転職を考えてしまうような無限ループになると思ったからです。

逃げの転職のようにならないためにも、具体的に自分の考えを明確化させました。

「なぜ転職しようと思っているのか」
「このままここで働き続けることは出来ないのか」
「新たな転職先に何を期待し、自分はどうなりたいのか」

などと自分に問いかけて、頭の中のモヤモヤを一つずつ整理しました。

しっかりとした目的を持って、なおかつそれを周囲にも理解してもらえるように言語化することで、そこではじめて自分の納得のいくそして意味のある転職を果たすことが出来ます。

この頭の中を整理するということは自分一人でも出来ますが、実際に口に出して行うとより効果的です。

例えば、悩み事をしている時に友達とたわいもない会話を行うだけで

「あ、意外と些細なことで悩んでいたんだ」
「自分の悩みは客観的に見ると大したことないのか」
「自分では思いもしなかったようなアドバイスをもらえた」

と、気づくことがあると思います。

このように口に出すことで不安が取り除かれ、気持ちが上向いたり、違う角度から物事を知るような新たな発見もあったりするものです。

ここで大事なポイントは実際に口に出すことです!

自分で頭の中を整理し、それを言語化して他人に聞いてもらうことで、より自分の考えが明確になります。

ただ、転職活動をしていることは職場の人には言いづらいですし、プライベートの友達もバリバリ仕事をしているとなるとなかなか相談しにくかったりします。

僕もそのようにいわば孤独を感じつつ、転職活動を行っていたわけですが、そんな時に実際に口に出して頭の中を整理させるために使っていたのが「転職エージェント」です。

エージェントについての詳細はこちらのリクルートエージェント公式サイト内の「転職エージェントとは?」が分かりやすいのでご参考ください。

簡単に言うと転職エージェントとは転職活動のプロです!

エージェントは常にたくさんの企業と取引をしており、どんな人材がどの企業に合うのかを熟知しており、自分と企業の間に入って転職活動をサポートする仲介役と言ったらわかりやすいかと思います。

そのエージェントと面談をすることによって、頭の中がより整理されるうえに、エージェントから自分を客観的に見てもらえて、的確なアドバイスも受けることが出来ます。

このように頭の中を整理して、転職活動の目的を明確にすることによって、いま自分が取るべき行動も見えてきますので、まずは「頭の中を整理する」ことが大切です。

【リクルートエージェント公式サイト】https://www.r-agent.com

これを怠っておくと、いざ転職活動を始めた際に全然自分が興味のない業界・業種でも何だか良く見えてきてしまい、自分の軸がブレてしまい転職活動に失敗します。

そうならないためにも自分の目的を意識したうえで、次の「情報収集」をしっかりと行うことが大切です!

2、情報収集

転職活動がうまくいくかどうかはこの情報収集にかかっていると言っても過言ではありません。

どうしても自分だけで情報収集をしていると、自分の興味のある業界や分野に求人が絞られてしまいます。

そうではなくて、自分の新たな可能性を見出すためにも転職活動中は視野を広げることが大切です。

理由は2つあります。

  1. 新卒で入った会社を辞めた人でも転職は可能だが、手厳しい現実もあること
  2. 若くしての転職はポテンシャルを重視されるので、自分が思ってもいないような業種・業界で働けるチャンスもある

まず1つ目ですが、やはり新卒で入った会社をすぐに辞めるような人には特別な事情が無い限り世間からの目線は厳しいものがあります。

そのため、転職後に働きたい企業や気になる企業があったとしてもスムーズに採用されるとは限りません。

ですので、求人を最初から絞り込むのではなくて、最初のうちは求人を広く探すことが大事になってきます!

そして2つ目についてですが、新卒で入った会社をすぐに辞めての転職や20代、第二新卒での転職では社会経験や実績が無い代わりに個人のポテンシャルが重視されます。

これが30代での転職だと話が変わってきますが、若いうちの転職はいわば「なんにでもなれるチャンス!」と捉えて、色々な業界を見ておくことをオススメします!

自分一人で求人を探しているとどうしても視野が狭まってしまうものですが、先ほども挙げたリクルートエージェントや「doda」などの転職エージェントを通して求人を探すと、意外な求人も紹介してくれますので、自分では気にもしてなかったような業界・業種を知るキッカケにもなり、視野を広く持って転職活動を進めることが出来ます。

【doda公式サイト】https://doda.jp

また、転職のプロであるエージェントを通しての転職だと「こんなはずじゃなかった」というような企業と転職者との間のミスマッチを減らすことも出来ます。

このようなサービスもうまく使いながら、視野を広げて転職活動を行うことで、自分に見えている情報に偏りがないように心がけることが大切です!

そして、適切な情報を元にあとは行動を起こすのみです!

3、行動に移す

転職活動自体を長引かせるのは良くないので、遅くても退職・離職してから半年までには次の職場を見つけるのが望ましいです。

新卒入社1年目で転職を経験した僕でも、転職後には自分の思ってたような職場環境に身を置くことができて、なおかつ自分の成長に繋がるようなやりがいのある仕事を行えています。

そんな僕は何も難しいことを行ったわけではありません。

不安や悩みがとても大きい新卒入社1年目での転職でも、しっかりとした転職活動を行えば誰にでも転職を通して自分を変えるチャンスがあります。

そういったことも含めて転職活動で大事なのは「行動すること」です。

自ら進んで動かないと何も始まりません!

ただ、闇雲に動いても意味が無いのでまずは自分の頭の中や気持ちをしっかりと整理させることが大切です。

そのために、転職エージェントや周囲に悩みを相談したりして、自分を客観的に見てもらったり、的確なアドバイスをもらいましょう。

そして、今やるべきことが明確になったのであればそれを元にあとは行動するのみです。

さいごに

より良い転職活動を送るためには冒頭でもお伝えしました、下記のポイントが大事になってきます。

  1. 頭の中を整理する
  2. 情報取集
  3. 行動に移す

これらを意識して、転職活動を行ってみることをお勧めします。

初めての転職活動は初めてのことばかりで不安も多いとは思いますが、最初の一歩さえ踏み出してしまえばあとは良い方向に事が進んでいきます!

そういった初めての転職活動で不安がいっぱいな方や転職活動をしているもののうまく進んでいない方に向けて、この記事が少しでもお役にたてれば幸いです!


最後までお読みいただきありがとうございます!