【新卒一年目で退職】実際に使った転職サイトをご紹介!

【新卒一年目で退職】実際に使った転職サイトをご紹介!

こんにちは。

新卒入社一年目にも関わらず転職を考える人
新卒入社一年目にも関わらず転職を考える人

・新卒入社一年目だけど仕事を辞めたい

・すぐに会社を退職した人でも転職は可能?

・転職活動がうまくいくコツを知りたい!

このような疑問に実体験を交えながらお答えしていきます。

筆者について

僕は新卒で入社した会社をわずか1年足らずで辞めてしまいましたが、第二新卒として転職活動を始め、無事に転職を果たしました。

また、僕は転職活動の際に「海外転職」という道を選んだので、現在は東南アジアのカンボジアにて生活・仕事をしております。

そんな僕の実体験を元にこの記事では新卒入社一年目で会社を退職した方へ向けて、お勧めの転職サイトをご紹介していきます。

早速ですが、本題に入る前に僕が実際に利用して無事に転職を果たした転職サイトをご紹介します。

ちなみに、2つのサイトのみのご紹介です!

リクナビNEXT

【公式サイト】https://next.rikunabi.com

doda

【公式サイト】https://doda.jp

以上となります。

正直これらだけで十分です。

なぜこの2サイトのみで良いのかという理由と、自分の実体験も交えながら新卒入社一年目で会社を退職した方向けのうまくいく転職活動のコツなども下記にてお伝えしていきますので、どうぞ最後までご覧ください!

現在の転職市場

実際に転職活動を始める前に、現在の転職市場の状況を理解しておくことも重要なので、まずはこちらを簡単にご説明します。

平成も終わり令和となった現在では以前より転職がだいぶ一般化されてきたように思います。

終身雇用という概念も薄れつつあり、転職そのものが身近なものになりつつあります。

厚生労働省が2018年に公表した新規学卒就職者の離職状況では大卒者の就職後3年以内離職率は31.8%となっています。

新卒1年目での離職率からすると約10人に1人が転職し、3年目には3人に1人が退職しています。

新規大卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者)

出典:厚生労働省職業安定局集計

そして、マイナビが今年6月に発表したばかりの「2019年新入社員1ヶ月後の意識調査」では下記のような回答も見受けれられました。

新卒で入社した会社で「定年まで働き続ける」と思っている新入社員は約2割にとどまる。働く予定は「5年以内」が約37%で、その内「3年ぐらい」が13.3%、「5年ぐらい」が11.8%
 
今の会社で長く働き続けたいと思わない理由は、「ライフステージに合わせて働き方を変えたいから(結婚・出産など)」が44.4%で最も多い。次いで「転職でキャリアアップしていきたいから(29.7%)」
 
半数以上の新卒新入社員が、「就活をやり直したいと思っている」

引用元:マイナビ

この調査は2019年に新卒で入社をした男女800名に入社1ヶ月後のタイミングで会社に対してどのような意識を持っているのかを調査したものです。

つまり、入社1ヶ月の時点ですでに大多数の人がその企業において長く働くつもりはないと考えています。

このように皆が皆「転職」を考える時代だからこそ、ネット上には良くも悪くも転職サイトが数多く存在しています。

ですので、どのサイトが良いのかわからずになかなか最初の一歩が踏み出せずにいたり、とりあえず複数の転職サイトに登録したもののうまく使いこなせない方もいるのではないでしょうか。

そんな時に、先ほど上記でご紹介しました僕が実際に利用した転職サイトをお勧めしたいと思います。

転職サイトについて

リクナビNEXT

【公式サイト】https://next.rikunabi.com

「リクナビNEXT」の強みは何と言っても業界ナンバー1の求人数です。

サイトに登録してから使える様々なサービスも充実しており、中でも「グッドポイント診断」というサービスでは「自分の強み」を簡単な質問に答えていくだけで診断してくれます。

転職活動において自己分析はとても重要になってきます。

特に20代での転職活動となると、それまでの実績よりかは自分自身のポテンシャルを見られることが多いです。

その中で自分の強みをしっかりと言語化して、企業側にうまくアピールできれば即戦力としての採用もありえますので、このサービスを利用するだけでもリクナビの利用価値はあります。

登録はこちら(公式サイト)

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

「doda」はリクナビに次ぐ業界2位の求人数ですが、それでも10万件以上の求人があるので十分な求人掲載数と言えます。

また、通常は「転職サイト」と「転職エージェント」は別ものになりますがdodaではこれらが一体化しておりサイト管理が楽になりますし、気になる求人があればすぐにエージェントからその求人についてアドバイスを受けることも出来ます。

サイトデザインも見やすく、汎用性に優れており使い勝手が良いサイトです。

求人も「リクナビNEXT」よりもdodaの方が新卒入社1年目での転職において良い求人がありましたのでdodaは個人的にかなり重宝していました。

登録はこちら(公式サイト)

転職サイト利用時の注意点!

1、ジョブオファーに気を付ける!

リクナビ、dodaのような大手転職サイトには「ジョブオファー」というサービスがあります。

これは自分のプロフィール(経験職種や希望職種など)をあらかじめ各サイトに登録しておけば企業側から求人オファーしてくれるというサービスです。

中には非公開求人のジョブオファーもあります。

時間が限られている中での転職活動中にこういった連絡があると喜びたくなるものですが、ジョブオファーが届いたからといってそれに対して一喜一憂しないことをお勧めします。

理由は求人が自分に合うものもあれば合わないものもあるからです。

オファーが来たからと言って、その企業が自分に合うのかどうかはわかりません。

企業側もその個人だけにあてて連絡をしている訳ではなく、ある程度の人数に対してまとめて連絡をしています。

ですので、いったん自分で情報を整理してからオファーに対応するようにしましょう。

2、応募書類の準備!

履歴書・職務経歴書は転職活動において必須アイテムです。

これが無いと何も始まりません。

学生の時は周りと相談しながらみんなと同じようにエントリーシートや履歴書を作成していれば問題はなかったと思いますが、「転職」となるとそうはいきません。

職務経歴書は決まった型が無いのでゼロから自分で作成しないといけなかったり、自分のキャリアのどこまでを書くのか又は書かないのかを判断しないといけません。

転職サイトでは書き方の見本はもちろん、サイトに登録した際のプロフィールや職務経歴などの情報を元に自動で履歴書と職務経歴書を作成し、無料ダウンロードすることも可能ですので、そういったサービスもうまく活用していきましょう。

dodaでは職種・業種など133種類もの職務経歴書のサンプルが用意されています。

また、職務経歴書のフォーマットについても自分のキャリアや応募先の企業・業種に合わせて最適なものが選べるようになっていますので、是非一度ご確認してみてはいかがでしょうか。

【doda公式サイト】https://doda.jp

3、複数サイトに登録しすぎない!

上記で挙げた転職サイトのうちとりあえず最初はどちらか一方に登録することをお勧めします。

複数のサイトに登録すると各サイトからの広告メールがたくさん送られてきて、メールの管理が難しく、中には有益な情報も見逃してしまうという悪循環に陥る危険性があるため

そして、複数のサイトへ登録したとしても自然といつも使用するのは1つか2つだけになっていきます

複数の転職サイトに登録しないと不安という方もいるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

実際に転職サイトを使ってみたらわかるかと思いますが、意外と被っている求人や似たようなサービスを提供しています。

ましてや初めての転職活動であれば、最初は1社ぐらいに登録して転職活動を進める方がよっぽど効率的です!

さいごに

新卒入社1年目での転職活動はネガティブなことばかり考えがちで常に不安ですが、色々と考えていても何も始まりません。

この色々と頭の中で考えている時が一番苦しい時期です。

自分の経験上ここさえ抜ければあとはだいぶ楽になります!

今は幸運にも時代が後押ししてくれているのであとは行動に移すのみです。

第二新卒の採用ニーズは増加傾向

第二新卒の採用見通しは、6割強の企業が『積極的』

引用:マイナビジョブズ20’s

新卒入社1年目での転職は社会人経験が短いからこそ、転職活動では視野をもっと広げて新たな世界にチャレンジすれば自分の可能性を広げることも可能です。

「転職」を通して人生を少しでも豊かにすることは誰にでも可能です。

何がキッカケで人生が変わるかわかりません!

そのキッカケを掴むためにも転職サイトは必須のツールと言えますので、3分ぐらいでサクッと登録しておきましょう!

【リクナビNEXT公式サイト】https://next.rikunabi.com

【doda公式サイト】https://doda.jp

**注釈**
基本的にどの転職サイトも無料登録すれば全てのサービスをご利用できますので、登録してお金がかかるというようなことはありませんし、退会料金なども発生しません。

もし仕事面で何かしらの悩みを抱えていたり、現状に満足していない毎日を過ごしているのあれば新卒入社1年目でも「転職」を考えてみてはいかがでしょうか。

その転職活動をより良いものにするためにこの記事が少しでもお役に立てれば幸いです!


最後までお読みいただきありがとうございます!!