【第二新卒の転職】自己分析のコツを転職経験者が解説!

【第二新卒の転職】自己分析のコツを転職経験者が解説!

こんにちは。

転職したい人
転職したい人

・そもそも自己分析は必要?

・自己分析が転職活動に与える影響は?

・具体的にどうやって自己分析を行うの?

このようなお悩みに自分の体験談も含めながらお答えしていきます。

筆者について

僕は新卒で入った会社をわずか1年足らずで辞めてしまいましたが、転職活動を経て、無事に転職することが出来ました。

その転職活動の際に僕は海外転職という道を選びましたので、現在は東南アジアのカンボジアにて生活・仕事をしております。

この記事では実際に自分が転職活動を行って気づいた「自己分析」のコツと重要性をシェアしたいと思います!

転職を考え始めた方に多いのは次の転職先のことばかりを気にして企業研究は行うものの、「なぜ転職しようと思ったのか」「自分は何をやりたいのか」という自己分析をおろそかにするケースです。

ですが、自己分析がしっかりと出来ていないと企業とのミスマッチが起きやすく、せっかく転職したにも関わらず「なんだか、自分に合わない環境だな、、、転職したい、、、」と感じる悪循環に陥ってしまうことがあり得ます。

そこで、この記事でお伝えしたいことは

・自己分析は転職活動の基本中の基本であること!

・第二新卒・20代での転職活動が上手くいくかどうかは自己分析次第

・自己分析を効率的に行う具体的なコツは「他己分析」との兼ね合わせ!

ということです。

就職活動の際も「自己分析」を行ったとは思いますが、転職活動においてももちろん自己分析は必要になってきます。

特に、第二新卒・20代での転職だとなおさら自己分析が重要になってきます。

その理由も併せて下記でお伝えしていきますので、どうぞ最後までご覧ください!

そもそも自己分析とは?

就職活動中に自己分析は行ったけど、転職活動においての自己分析はまた違うものなの?

このような疑問もあるかと思いますが、結論から言うと「就職活動時の自己分析と転職活動時の自己分析は別物」です。

就職活動時と転職活動時の一番の大きな違いは「社会人経験があるか無いか」です。

“自己分析”とは、”自分を探る”作業のこと。

さらに細かく言えば、”自分を客観的に評価する”ことです。

引用元:マイナビジョブ20’s

自己分析という字の通り、自分で自分を分析することになります。

社会人経験がある転職活動時において、この自己分析は就職活動時よりも重要なものとなってきます。

どんなポイントが大事になってくるのか具体的な2つの例をお伝えします。

転職後のミスマッチのリスク軽減

転職活動で気を付けなければならないポイントはいくつかありますが、中でも企業との「ミスマッチ」には特に気を付けなければなりません。

転職後の新しい職場にて「あれ、、なんだか自分が思ってた職場とは違う、、、」というような自分と企業とのミスマッチは避けたいところです。

そのためにも、自己分析を通して自分のことをしっかりと理解したうえで、自分がどのような人間なのかを第三者(企業側)に伝える必要があります。

自分でも自分のことを理解(なぜこの企業に転職したいのか?転職後はどのような環境で仕事を行いたいのか?など)し、それを第三者に理解してもらうことでミスマッチのリスクを減らすことができ、お互いにとってより良い結果を生みます!

自分の強みを再確認

自己分析を通して自分の強みを再確認することで、転職活動が上手く進みやすくなります。

転職後の企業が自分の強みを全く生かせないような環境だと、転職した意味が無いですし、第三者から見ても自分を採用してくれるメリットが無いとみなされて採用されないかもしれません。

そうならないためにも、自分の強みやアピールポイントを理解し、それらを生かせるような業界・業種に絞って転職活動を行えば、自分にマッチした企業も見つけやすくなり、効率的に転職活動を進めることが出来ます!

これらはあくまでも一例ですが、このように自己分析を通して、自分で自分のことをよく理解することで、第三者にも自分がどのような人間なのかを伝えることが出来るようになります。

特に、第二新卒・20代での転職においては社会人経験があるからこそ気づいた「自分の強みや弱み」「業界や業種の向き不向き」などがあると思います。

そういった「社会人になってみて気づいた自分の姿」も含めて、自分で自分をしっかりと理解し、転職する目的を他人に理解してもらうように言語化することが大切になってきます。

そうしたことで、転職活動中の面接においても自分をしっかりと相手に伝えることが出来るようになります。

【第二新卒】面接で聞かれることを実体験を元に解説!

自己分析が与える転職活動への影響は?

第二新卒・20代での転職活動においての自己分析を行う上で、どんなポイントに気を付けて自己分析を行えばいいの?

第二新卒・20代での転職において自己分析は重要ということを先ほどはお伝えしましたが、その自己分析を行う上で気を付けるポイントをお伝えします。

第二新卒・20代の転職ではたとえ短かったとしても、社会人を経験していることになると思いますので、そこをしっかりと整理しておく必要があります。

  • なぜ現職を辞めて、転職しようと思ったのか?
  • 社会人経験を経て気づいた自分の強みや弱み
  • 前職で得た経験やスキルなどを生かすことは出来るのか?
  • 転職後には自分がどうなっていたいのか?

このように自分で自分に問いかけて、しっかりとした答えを導き出すことが大切です。

その答えをしっかりと言語化出来ていて、転職する目的がしっかりとしたものであれば第二新卒・20代での転職でも転職活動は上手くいきます!

ここで一つのアンケート結果をご覧ください。

このアンケートは中途採用活動実績のある企業に対して行ったもので、6割を超える企業が第二新卒者の採用に積極的という結果となりました。

  • 仕事に対してやる気に満ち溢れている
  • 若いので基礎体力も高い
  • 一通りのビジネスマナーが身に付いている
  • まだどの企業にも染まっていないので柔軟性がある

などの理由から、第二新卒・20代での転職に対して関心が高くなっています。

ですので、自己分析を行って、しっかりと自分のことを企業にアピール出来れば第二新卒・20代であろうと転職は可能です!

僕も第二新卒者としての転職経験者ですが、最初に自己分析を行ったおかげで漠然と描いていた転職を具体的にイメージ出来るようになりました。

僕の場合は前職を辞めて海外転職という道を選んだわけですが、これも自己分析をしていた中で「いつかは海外で働いてみたい」という気持ちがあったからです。

転職を考え始めて「転職しようかなぁ~どうしようかなぁ~」という悩んでいる時に自己分析を行うと、段々と自分の気持ちに整理がついてきて、自分の進むべき道が明確になりますので、なるべく早い段階での自己分析をお勧めします。

自己分析とは自分で自分のことを考え直す良い機会でもありますので、焦らずに自分自身と向き合うことが大切です。

自己分析のコツ!

じゃあ、具体的にどうやって自己分析を進めるの?効率的な方法はあるの?

自己分析を行うコツとして、まずは自分自身と向き合って頭の中を整理することが大切です。

先程もお伝えしましたが、自分で自分のことを理解していない人は他人に自分のことをうまく伝えられない、つまり自分を企業に対してアピールすることが出来ません。

そうなるといつまで経っても採用されない日々が続き、ダラダラと転職活動を長期化させてしまうだけですので、注意が必要です。

  • なぜ現職を辞めて、転職しようと思ったのか?
  • 社会人経験を経て気づいた自分の強みや弱み
  • 前職で得た経験やスキルなどを生かすことは出来るのか?
  • 転職後には自分がどうなっていたいのか?

上記でも挙げたように、自分に対して問いかけて的確な答えを導き出すことが重要になってきます。

そのうえで、他人に自分を評価してもらう「他己評価」を自己分析と併せて使えばより自分を客観的に知ることが出来ます。

他人からの評価に耳を傾けることも大事です!

自分のことは自分がよくわかるとも言いますが、やはりどうしても視野が狭まり自分では見えない/気づかない部分というのもありますし、自分に対して甘い部分も出てくるかと思います。

何事も様々な角度から物事を見るというのはとても大切な要素です。

そんな他己紹介は出来るだけ自分を知らない人にお願いするのが望ましいです。

友人や家族だと普段から自分を知っており、自分に対してのイメージ「この人はこういう人」という固定概念が付いており、第三者とは言えなかなか客観的に判断するのが難しかったりします。

ですが、そんな見ず知らずの人にいきなり他己紹介を頼むことも現実的ではないと思いますので、転職活動のプロである「転職エージェント」の利用がお勧めです。

転職エージェントでは面談や職務経歴書を通して、第三者あるエージェントから忖度の無い、転職活動で活かせる的確なアドバイスをもらうことが出来ますので他己分析にはうってつけのサービスです!

エージェントは転職活動のプロとして、これまでの他の転職者の実績を元に自分を客観的に評価してくれます。

転職エージェントと言っても数多くありますので、ここでは第二新卒・20代での転職活動に使えるエージェント2つに絞ってご紹介します。

第二新卒・20代に特化した転職エージェント

マイナビジョブ20’s

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp

・「マイナビジョブ20’s」はマイナビグループで唯一、第二新卒・20代向けに特化した転職エージェントです!

・ですので、求人も第二新卒・20代の採用に積極的な企業が多いのが特徴的で、未経験業界や職種へのチャレンジを歓迎している求人も豊富にあります!

第二新卒・20代での転職市場を熟知しているエージェントとの面談を通しての他己分析や応募書類の添削などによって、効率よく転職活動を進めることが出来ます!

ハタラクティブ

【公式サイト】https://hataractive.jp

・「ハタラクティブ」の特徴は第二新卒・20代での転職はもちろん、ニートやフリーターといった他のエージェントに登録するのが少し難しいと思える方にも手厚くサポートしている点です!

・サービス利用者の3人に2人が正社員経験が無い未経験者として就職しているということから「職務経歴書に自信が無い」「自分に強みやスキルが無い」とういような方へピッタリな求人が揃っています!

このようなエージェントのサービスは登録しすぎても普段使うサイトが限られてきますので、最初は1つに登録して「お試し」のような感覚で使ってみることをお勧めします。

本格的に求人を提案してもらわずとも、第三者のエージェントと面談(電話やスカイプなど)をするだけでも十分に価値はあります。

実際にサイトを使用してみて自分に合わないと感じたら、退会手数料などもかからずに退会出来ますので、まずは気軽に利用してみることをお勧めします。

さいごに

自分のことは知っているようでも意外と知らないことがあるものです。

また、知っていたとしてもそれを他人に伝えられるだけの言語化が出来ていないことも多いです。

ですので、頭の中で漠然と考えているものを自己分析や他己分析を通して、クリアにすることが重要になってきます。

自分自身を見つめなおす良い機会でもあると思いますので、焦らずにゆっくりと自己分析することを心がけてみて下さい!

少しでもこの記事が転職活動のお役に立てれば幸いです。


最後までお読み頂きありがとうございます!!