【国際結婚の手続きカンボジア】日本側編

【国際結婚の手続きカンボジア】日本側編

こんにちは。

当ブログでは実体験をもとにカンボジアにおいての国際結婚の手続きの方法をお伝えしています。

今回の記事では国際結婚における最終段階「日本側への手続き」について、必要書類や手続き内容をご紹介していきます。

前回まではカンボジア側での手続きでしたが、ここでは日本側への婚姻手続きとなります。

【体験談】カンボジア人と日本人の国際結婚について解説

ここまできたら特に問題はありませんので、あとは必要書類を提出するだけです。

カンボジア側での長い長い長い長い手続きとは違い、日本側への手続きは簡単で、すぐに終わってしまいます笑

最新情報は大使館のHPに載っていますので、手続きをされる前に一度ご自身でご確認されることをお勧めします。

これは大使館HPからの抜粋ですが、

地元の行政区から婚姻証明を取得し,婚姻成立日より3ヶ月以内に,次の書類を用意して,日本国大使館または本邦の市町村役場に婚姻届を提出して下さい。

在カンボジア日本国大使館

とあります。

カンボジア側で婚姻が認められてから3ヶ月以内に日本側へ報告しなければなりません。

それぞれの役場で手続きがお済なのであれば、なるべく早く日本側へも手続きすることをオススメします!

万が一何かしらの不備が婚姻証明書にあったら面倒なので、、、

必要書類と流れ

婚姻届け2通
日本人の戸籍謄本2通
婚姻証明書2通
婚姻証明書の和訳分2通(翻訳者名、サイン記載)
相手の国籍を証明する文書2通(パスポートもしくはIDカード)
相手の国籍を証明する文書の和訳分2通(翻訳者名、サイン記載)

在カンボジア日本国大使館

ただし、現在の本籍地とは異なる場所に本籍地を移動する場合は各3通づつとなっています。

婚姻届について

まずは婚姻届の種類を確認(創設的届出、報告的届出)

婚姻届けには2種類あり「創設的届出」「報告的届出」です。

  • 創設的届出とは日本で先に結婚する場合の届出方法(日本で日本人同士が婚姻する時に使用する物で、よく見る一般的な婚姻届です)
  • 報告的届出とは外国で婚姻手続きを済ませ、日本側へはその報告のみの届出方法

僕らは先にカンボジアで婚姻手続きを済ませていたので、あとは日本側に報告のみの報告的届出を使用しました。

その報告的届出に使用する婚姻届は領事館にて受け取ることが出来ました。

なお、この報告的届出の婚姻届は一般的な婚姻届とは少し違うのでご注意ください!

これには一般的な婚姻届にみる証人2名に署名してもらう欄などがありません。

記入する際に気になった注意点は「住所」についてです。

カンボジア人側の出生地と本籍地を日本語で表記する際は、

【国、州、市、町、村、通り、番地】

の順に記載するようにしてください!!

「カンボジアは住所が無い国」と言われることもあるように、普段は住所なんて気にもしたことなかったですが、ここでは正式な住所を書く必要があります!

ですので、住所が曖昧な方はあらかじめ調べておくことをお勧めします。

日本人の戸籍謄本

まずはじめにお伝えしたい注意点として、

戸籍謄本は大使館および領事館では発行できません。

そのため、日本帰国時に自分で発行して持って帰ってくるか、身内に頼んで郵送してもらうなどの方法で入手するしかありません。

通常、有効期限は3ヶ月以内に発行されたものとなりますので、有効期限にはお気を付けください。

婚姻証明書

これは役場で発行された婚姻証明書を持って行けば問題ありません。

僕らは役場から何枚か婚姻証明書を渡され、(オリジナル版1枚コピー版3枚)どれを持っていけばわからず、とりあえず全部持っていくと、領事館のスタッフが親切に教えてくれました。

婚姻証明書の和訳分

これは彼女に婚姻証明書を訳してもらいながら

自分で作りました。

婚姻証明書和訳

一番下の「婚姻証明書作成者」は役場の人の名前になります。

役場から受け取った婚姻証明書にもそのあたりに担当者の名前があると思います。

その隣の空いているスペースに翻訳した人の名前(翻訳者〇〇)とハンコを押せば完成です!!

特に誰かに頼んでやってもらう必要もありません。

カンボジア語がウニョウニョ書いてあって難しく感じるかもしれませんが、中身は基本的なことしか書いていないので難しくないです!

相手の国籍を証明する文書

彼女のパスポート原本と念のためそのコピー2枚を提出しました。

相手の国籍を証明する文書の和訳分

彼女のパスポートを和訳したものを持って行きましたが、パスポートを提出したらその和訳分は必要ありませんでした。

カンボジアIDカードだと和訳分が必要みたいです。


これらを全て提出すると終わりです!

日本側へ反映されるまでにかかる時間は自治体によって変わるとのことでした。

結婚記念日などにこだわる方はその場で予定通りに日付が反映されるか確認した方が良いと思います!

さいごに

先ほどもお伝えしましたが、領事館のスタッフが丁寧にわからないところは教えてくれましたし、手続き次第も本当にすぐ終わるので、何も難しいことはありませんでした。

全書類を提出したあとは領事館(大使館)側で全て手続きを進めてくれますので、特にこちらから何かすることもないです!

(何か不備があった場合は領事館、大使館、日本の自治体から電話があるみたいですが基本は何もないです)

強いて言えばちゃんと日本側に反映されているかどうか確認するぐらいだと思います!

僕らも最初はカンボジアでの婚姻ということで、情報が少なく不安が大きかったですが、色々と手探り状態で手続きを進めてきて、なんとか無事に全ての手続きを終えることが出来ました。

時間もお金も結構かかりましたが、日本では経験出来ようなことなので今となっては良い思い出です笑

そんな自分たちが経験したカンボジアでの婚姻手続きについて記事にしていますので、カンボジア人との婚姻をお考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです!


最後までお読み頂きありがとうございます!